妊娠

妊娠38週目…おしるし、破水、前駆陣痛と本陣痛の違いについて!むくみはいつ治る?

妊娠後期のむくみ

妊娠38週目を迎え、お産の兆候はいつ起こっても不思議ではありません。しかし、いざお産の兆候が見られると慌ててしまうかもしれませんね。

また、帝王切開を予定されているママは、妊娠38週目にお産を迎えることもあります。

妊娠38週目の赤ちゃんの成長やお産の兆候についてご説明していきますね。

Sponsored Link

 

妊娠38週目のおなかの中の赤ちゃんはどんな状態?

妊娠38週目

①おなかの赤ちゃんの成長

妊娠38週目の平均的な赤ちゃんは、身長48~50㎝程度、体重2700~3500g程度に成長しているでしょう。

この時期の赤ちゃんは個人差が大きいためそれほど大きくなっていないこともありますが、医師から注意がなければ心配する必要はありません。

腎臓機能が成熟して水分がしっかり処理されるようになったことで、赤ちゃんの皮膚は厚く張りが出てきており、透明でなく少し青みがかったピンク色の肌になっています。

 

②超音波検査(エコー)での見え方

妊娠38週目のエコー検査では、起きているときと寝ているときの様子がはっきりと見られるかもしれません。起きているときは、大きく目をあけている様子や口を開けたり閉じたり、動かしている様子がわかるでしょう。

寝ているときは、うとうとしている様子を楽しむのも一つですね。

 

妊娠38週目のママのからだの変化は?

①子宮の位置、子宮口の開き

妊娠38週目の頃は、赤ちゃんが子宮口に向かって降りてきてるので、ママのおなかはおへその下の方がどんどんせり出してきているでしょう。

おなかも張りやすくなって心配もあるでしょうが、子宮収縮をしてお産の準備をしている証拠ですよ。子宮口が1~2㎝ほど開いているママが多く、3㎝以上になると陣痛が始まる可能性があります。

しかし子宮口の開きと陣痛の始まりには個人差があり、子宮口が5㎝開いていても陣痛が始まらないママもいますので、落ち着いて過ごすようにしましょう。

 

②むくみはいつ治る?

妊娠後期のむくみ

妊娠38週目には、からだの血液の量が増えているので特にむくみやすくなります。子宮が大きくなることで、下半身への血液の巡りが悪くなることもむくみの原因のひとつです。

むくみはお産後には自然となくなりますので、心配しすぎずに過ごしてください。

足がパンパンに膨らんだり、指輪が抜けにくいなどの症状がある場合には、足湯や軽い運動で血液の巡りをよくするように心がけましょう。また、塩分を控えた食事などでむくみ予防をするようにしてくださいね。

その他に、ホルモンの影響を受け、寝つきが悪くなったり、ストレスがたまりやすいママが多いようです。

ママひとりきりで不安を抱え込み過ぎないように、夫婦で過ごす時間を満喫し、リラックスできるといいですね。

そのほか、妊娠後期に起こる症状についてはこちらでまとめています。⇒妊娠後期(28週目~40週目)は静脈瘤になりやすい?ママに起こる症状は?

 

Sponsored Link

妊娠38週目…おしるし、破水、陣痛

おしるし、破水、前駆陣痛

お産の始まりには、3つの兆候があらわれます。

「おしるし」、「破水」、「陣痛」の3つです。

今回はその兆候について簡単にご説明していきますね。

 

①おしるし

おしるしとは、血性のおりもののことです。
子宮の筋肉が少し収縮して、子宮口が開き始めた時に、血の混じったおりものが見られます。

鮮血ではなく、ピンク色や茶色、褐色の粘り気のあるおりものです。

ただ、おしるしがあっても、すぐに陣痛が始まるとは限りませんので、慌てずに生理用ナプキンをあてて様子をみましょう。おしるしがみられてから陣痛が始まるまでの時間は、個人差があります。

その日のうちに陣痛が始まる場合もあれば、数日後、1週間後ということもあります。
また、おしるしがないまま陣痛に至る場合もありますので、なくても心配は必要ありませんよ。

 

②破水

破水とは、子宮の収縮によって卵膜が破れ羊水が出てくることです。
「パチン」という音がしたり、羊水の量が多量に出ることもあれば、ちょろちょろと尿漏れのように少量ずつ出る場合もあります。

破水によって、外の世界と子宮の中がつながり感染の可能性がありますので、入浴・シャワーをすることはできません。ナプキンなどを当て、すぐに産婦人科に連絡をしましょう。

ナプキンで追いつかない場合もありますので、その時にはズボンをはいて、中にバスタオルもしくはフェイスタオルをあててみてください。

 

③陣痛

おしるしがあっても、破水をしても、陣痛がこなければお産は始まりません。

陣痛とは、子宮の筋肉の収縮のことで、赤ちゃんを押し出す力になります。それが10分間隔か、1時間に6回起こるようになった時が、お産の始まりです。

この時点ではそれほど強い痛みではなく強い張り程度に感じることもあり、陣痛と判断がつくまで1~2時間かかるかもしれません。
慌てずに家族に連絡を入れたり、食事や休養を取りリラックスして過ごしましょう。

入院のタイミングは、慌てなくても大丈夫です。
産婦人科に連絡を入れてから指示通りにしましょう。

 

…前駆陣痛と本陣痛の違い

お産が近くなると、それまで経験していたおなかの張りとは違って、もっとおなかが硬くなり、少し痛いように感じることが増えてくるでしょう。
この強い子宮収縮が前駆陣痛。

本陣痛との違いは、不規則だということです。
おなかが痛みいよいよ陣痛かと構えていると、いつの間にか痛みが弱くなったり終わってしまうという経験をしたママが多くいるようですよ。

前駆陣痛は、陣痛の準備運動のようなもので、誰にでも起こるものです。

しかし、張りや痛みはあくまでもママの感じ方なので、同じように収縮をしていても感じないママもいれば、すごく痛いとかんじるママもいます。
また、立てないほどに痛みがあったりおなかが石のようにカチカチに張っていた場合は、前駆陣痛や陣痛とは違う可能性もあります。

急を要する場合もあるため、産婦人科に連絡をし指示を仰ぐようにしましょう。

 

そのほか、妊娠後期に気を付けるべきことと、過ごし方についてはこちらの記事でまとめています。⇒妊娠後期(28週目~40週目)は常位胎盤早期剥離に要注意!働くママの準備は?

まとめ

妊娠38週目、いよいよ赤ちゃんとの対面が近づいてきましたね。お産の流れを頭に入れ、お産本番であわてないようにしっかり心構えをすることが大切です。

不安が募ってくる時期だとは思いますが、産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら過ごすと、心が落ち着いてくるかもしれませんね。
何か変化があると焦ってしまうかもしれませんが、心配な時は産婦人科に連絡してみてくださいね。

次は妊娠39週目>>>>妊娠39週目…頻尿や尿漏れも~陣痛が始まった時の対処法

★この記事を書いた人:N★
看護師資格と経験あり。第一子を出産、育児中。

Sponsored Link
当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です