妊娠

妊娠6週目で頭痛や足の付け根の痛みもおこる?赤ちゃんの様子や注意点

妊娠6週目は、ママのからだは様々なつわりなどの症状が現れ、体調の変化を感じる頃です。お腹の赤ちゃんはさらに急成長をしており、早い人だと赤ちゃんの心拍を確認できるかもしれませんね。

今回は、妊娠6週目の赤ちゃんの成長やママに現れる症状、日常生活における注意点などをご紹介していきます。

Sponsored Link

妊娠6週目のお腹の中の赤ちゃんの様子は?

おなかの赤ちゃんの成長

妊娠6週目の平均的な赤ちゃんの大きさは、4~10mm程度に成長しているでしょう。今までは人間らしい特徴が見られなかったものの、妊娠6週目になると少しずつ人間らしい形になるのです。

からだのパーツの形成がすすみ、オタマジャクシのように生えていたしっぽが目立たなくなり、突起物だった手は水かきの手になります。また、この時期は脳の成長が一気にすすむ時期です。

脳の一部である視床下部が形成されるようになることで、排泄や体温管理などの人間にとって基本的なことができるようになるのです。さらに、生殖器の形成が始まります。

女の子の場合は卵巣、男の子の場合は精巣ができ始め、徐々に生殖器が発達していきます。

 

エコーで胎嚢を確認できないことがある?心拍は?

妊娠6週目は、エコーにてほとんどのママのお腹に赤ちゃんを包む袋の「胎嚢(たいのう)」や赤ちゃん、赤ちゃんに栄養を与える「卵黄嚢(らんおうのう)」が確認できるでしょう。

上の妊娠6週目のエコー画像で言えば、袋状に黒くなっている部分が胎嚢です。

尿検査で妊娠反応はあるものの胎嚢が確認できない場合もありますが、原因は以下の通りです。

 

・エコーの精度や角度

・最終月経日を数え間違えていること

・子宮外妊娠

 

ただ、胎嚢が確認できなくても、「子宮外妊娠?!」とすぐに焦らずに、医師の説明をしっかり聞き、不安なことは相談するようにしましょう。

また、この時期には心臓も少しずつ形成されてくるので、早い方なら赤ちゃんの心拍が確認できるようになります。まだ完全な状態ではありませんが、エコーで見るとピカピカと動いていることがわかりますよ。

しかし、妊娠6週目では心拍の確認ができなかったというママも沢山います。不安になると思いますが、焦らずに医師と相談しながら期間をあけてチェックしてもらうようにしましょう。

 

妊娠6週目のママのからだの変化は?

妊娠6週目は、ママのお腹が大きくなるような外見上の変化はまだありません。(※下腹部のふくらみを感じる方もいます)

しかし、妊娠によって女性ホルモンの分泌が増え続けているため、体調の変化に悩まされるママが増えてくるでしょう。具体的にどのような症状が現れるか、紹介していきます。

 

下腹部の違和感や足の付け根の痛み

子宮がだんだんと大きくなるにつれて、子宮周囲の筋肉が増えたり、子宮を支える靱帯などが引っ張られる状態になります。また、赤ちゃんの成長に伴って子宮が収縮したり、ママの疲れにより子宮が収縮することがあります。

このような原因により下腹部の違和感を感じたり、足の付け根に痛みを感じたり、お腹が張っているように感じることがあるようです。違和感や張りは生理的なものですので、休養を取って治まるのであれば心配はいらないでしょう。

ホルモン分泌の変化で、骨盤付近の関節が緩むことがあり、それが足の付け根の痛みにつながることもあります。

しかし休んでも張りが続いたり痛みや出血がある場合には、流産の可能性も考えられますので産婦人科に相談するようにしてください。

様々なつわり

妊娠6週目は、ほとんどのママにつわり症状が現れてきます。つわり症状は個人差があるものの、妊娠8~11週目あたりに症状のピークを迎えることが多いようです。

食欲がなくなる、においに敏感になる、胃がむかむかする、吐き気があるなどが一般的な症状ですが、眠気がある、よだれが出るなど症状は様々です。

水分をとることもままならない場合は、無理せずに早めに産婦人科に相談するようにしてくださいね。

 

 

頭痛

妊娠初期に頭痛を感じる妊婦さんは結構多いのではないでしょうか。この時期の頭痛は、ホルモンバランスの乱れだけが原因ではないようです。

つわりなどの症状で血行不良に陥りやすかったり、食事も十分にとれず鉄分不足になりやすくなります。そういった理由で、頭痛を引き起こす可能性もあります。

ただ、赤ちゃんの成長の悪影響になる可能性があるため、安易に市販の頭痛薬を飲むことは避けてください。

横になるなど休養を優先し、頭痛を和らげる工夫をしましょう。とは言っても、頭痛が続くとストレスを受け、さらに頭痛が悪化する可能性もあります。

市販薬の服用、頭痛薬の処方については、産婦人科に相談するようにしましょう。産婦人科でも頭痛薬を処方してもらえます。

また、鉄分不足には、葉酸サプリがいいですよ。鉄分が多く含まれている葉酸サプリもあり、一つのサプリメントで二つの栄養素が摂取できますので、おすすめです。

 

 

鬱な気分

妊娠6週目は胎嚢や心拍が確認できないことを心配しすぎたり、つわりなどの体調の変化に不安を感じるママが多いと思います。しかし、心配や不安はストレスをさらに大きくし、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすこともあります。

心配や不安は早めに産婦人科に相談するようにして、できる限り穏やかな気持ちで過ごすようにしてみてくださいね。

 

妊娠中に出る症状は個人差がありますが、その他に、からだのだるさ、頻尿・便秘、熱っぽさなど様々な症状が現れます。

妊娠初期の症状は、これといった解決策がほとんどなく、からだも心も辛くなってしまいがちです。しかし、ずっと続くわけではないので今だけと考え、なるべくご自分でリラックスできる方法を試して、乗り切っていきましょう。

 

Sponsored Link

 

妊娠6週目の過ごし方と、注意点

葉酸をとりましょう

赤ちゃんは妊娠7週目頃から、神経が形成され始めます。妊娠4~6週目頃に葉酸を不足なく摂ることで、脳や脊髄の発達異常である「神経管閉鎖障害」のリスクを減らせることがわかっています。

また、葉酸が不足することでママが重症な貧血に陥ることもあるようです。葉酸を多く含む食品はほうれん草、ブロッコリー、オレンジ、バナナ、キウイなどがありますが、食事だけで必要量を摂ることはなかなか難しいようです。

厚生労働省ではサプリメントなどの栄養補助食品で葉酸を補うことをすすめており、産婦人科に行くと様々な葉酸のサプリメントが紹介されていることもあります。

錠剤、タブレット、キャンディなど様々な商品が出ていますので自分に合ったものを選ぶこともできますし、悩む場合は産婦人科に相談するといいでしょう。

赤ちゃんの成長とママの貧血予防のために、食事・サプリメントを上手に利用して積極的に葉酸を摂るようにしてみてください。

 

 

産院を選ぶ

産院には以下のような種類があります。それぞれ特徴がございますので、どのような出産をしたいのか、ご自分のニーズに合わせて選んでみてください。

・総合病院、大学病院

・産科専門病院

・個人病院、個人医院

・助産院

※それぞれの産院の特徴、そしてどんな点にポイントをおいて選んでいくのかは、別記事で詳しくご説明いたします。

 

出血・腹痛には要注意?!流産のリスクは?

この時期のママの最も気になるトラブルといえば、流産そして切迫流産でしょう。

お腹の赤ちゃんの命に関わる2つのトラブルですが、どちらも「出血」、「腹痛」という同じ症状が異常に気付くサインです。

妊娠初期~中期にかけて、胎盤が完成するまでは出血が起こることがあり、一時的な出血や腹痛は心配ないものもあります。しかし、妊娠初期の出血・腹痛はまずは流産を疑ってすぐに産婦人科にかかることをおすすめします。

流産が進行していれば、残念ながら食い止めることはできません。この時期の流産は、10~15%の確率で起こると言われており珍しいものではないのです。

その原因のほとんどが胎児側に理由があり、ママが何をしたから、何かをしなかったから流産に至ってしまったということはありませんので、自分を責める必要はありませんよ。

また、出血や腹痛があっても赤ちゃんの心拍が確認できれば「切迫流産」といい、妊娠は継続できる可能性があります。心拍や子宮頸管の開き具合、感染の有無などで予後を判断します。

赤ちゃんが元気で子宮頸管が閉じていれば、安静にしていれば症状が治まることが多いと言われています。あまり心配しすぎず、医師の指示を守って安静に過ごすようにすることが大切ですよ。

 

管理人の一言

私は、切迫流産も流産も両方経験しています

実は切迫流産の方が、鮮血が沢山出ました。出血は2週間近く続いたと思います。それで1ヶ月近く絶対安静だったのですが、医師の指示を守ったところ、無事に妊娠を継続できました。

しかし、流産の方は、安静にしてても進行してしまい、血の塊のようなものが出て、自然流産しました。自然流産は出血から「流産した」と判断されるまで、切迫流産の時よりも早かったです。

実際にお医者さまも出血が続く間は、「赤ちゃんが助かる」とも「助からない」ともなんとも判断がつかないようです。

出血があると不安になると思いますが、まずは安静にしてお医者様の指示に従ってください。

 

 

妊娠初期のその他の注意点や症状についてはこちら

妊娠初期(5週目~15週目)の症状や母体の変化、注意点について!

 

まとめ

妊娠6週目は、つわりの症状や流産や切迫流産など心配事も増えてくる時期です。しかし、赤ちゃんは急激なスピードで成長しており、妊娠の判明や確定が行われ、嬉しいこともたくさんあるでしょう。

産院の情報を少しずつ集めながら定期健診をしっかり受け、不安になりすぎずに穏やかな気持ちで過ごしていきましょう。

★この記事を書いた人:N★
看護師資格と経験あり。妊娠のため育休中。

 

Sponsored Link

 

 

葉酸サプリ10個以上比較してみました★