産後夫に触られたくない!夫が嫌いになっちゃう理由は?

こんにちは、管理人のイブです。

産後なぜか夫に触られると不快に思ったり、夫に対してイライラしてしまったりと、嫌悪感を抱くことはありませんか。

私はなぜか、夫の毛穴が気になって(笑)、「毛穴が大きくて汚い…(自分のことは棚に上げています)」とひそかにムカついていました^^;

腹立つ理由は他のことだったんですが、それが見た目に対しての嫌悪感で出ていたんでしょうね。今思うと、精神的にも通常の状態とは少し違っていたと思います。

ということで、今回は産後夫に対して嫌悪感を抱く理由やその嫌悪感がいつまで続くのか、そして夫への嫌悪感を乗り越える方法をご紹介していきます!

Sponsored Link

産後に感じる夫へのイライラや嫌悪感はなぜ起こるの?

まず夫に対する嫌悪感は、ママのホルモンバランスの影響が大きいです。妊娠前から妊娠中にかけてホルモンバランスは変化しますよね。

出産後もまた妊娠中のホルモンバランスが変化し、徐々に妊娠前へと戻っていくんです。その変化の過程でイライラが発生してしまうんですね。

具体的にどのようなホルモンバランスかご紹介すると、妊娠中は出産に向けて黄体ホルモンの分泌が増加します。黄体ホルモンの分泌が増えると感情の起伏が激しくなると言われているんですよ。

そして、出産後は黄体ホルモンと卵胞ホルモンが一気に減ってしまい、ホルモンバランスが大きく変わるので、その結果、心のトラブルが発生してしまうんですね。

生理の時や排卵の時にも、ホルモンバランスが変化するため、イライラする女性も多いですよね。ホルモンバランスの変化はそのくらい、女性の心に変化をもたらすんです。

また出産直後から予測がつかない赤ちゃんとの生活が始まります。体調も万全でない中、24時間の子育てが始まるだけでなく、日中は旦那さんもおらず赤ちゃんと2人きりになることは精神的に辛くなることがあります。

話し相手がいなくて悩んでしまうことがあると、ホルモンバランスの変化以外にもストレスがかかり、その結果、夫に対して嫌悪感を抱く症状がでる産後うつになることもあるのです。

 

夫への嫌悪感はいつ緩和されるの?

わがままばっかり?!

産後の夫への嫌悪感は、ホルモンバランスが大きく影響していることはご紹介したとおりですよね。

ホルモンバランスは産後1年程で妊娠前に戻ることが多いと言われています。そう思うと、産後1年ほどで、夫へのイライラも軽減されていくはず…ですが…。

しかし、個人差がありますし、生理が再開するとホルモンバランスも定期的に変化してしまうので、一概に何ヶ月でイライラが無くなる…とはいえないんですね。

早い人は半年で落ち着くこともありますし、1年経っても変わらず2年、3年かかった…という人もいます。

ただ、自分で「今イライラしているのは、ホルモンバランスが変化しているから…」と思っておくと、少なくとも原因は分かっているので、イライラを少し軽減することができます。

Sponsored Link

夫への嫌悪感を乗り越える方法は?

個人差があって、イライラ&嫌悪感が終わる時期が分からない…とはいえ、この先ずっと旦那さんの事が嫌いなままなのかと、どうか思いつめないでください。

ホルモンバランスが戻るまで、ずっとイライラし続けるのは辛いですよね。そんな時は、次に紹介する対処法を試してみてください。

 

睡眠時間を確保する

24時間育児では、なかなかまとまった睡眠時間を取ることができませんよね。寝ることが出来ても、夜泣きもあるので、浅い眠りが続くことが多くなります。

睡眠不足は体調不良を引き起こす以外にもイライラを増やしてしまうんです。赤ちゃんが寝ている間は、家事をしたりして、ついつい睡眠時間を削りがちになるかもしれませんが、思い切って寝て体力を回復させてくださいね。

そうすることで、心にゆとり生まれ、旦那さんにイライラすることが減りますよ。

・無理して家事をする⇒部屋はきれいになるが、イライラ継続

・家事をしないで体を休ませる⇒部屋は汚いママだが、イライラは軽減

部屋が汚いママだと余計イライラする~!!というママさんもいますが、体力が温存できると、一気に掃除したり、ご飯を作って冷凍保存できたり、家事ができる幅が広がり、スピードも上がります。

疲れた状態で家事をしても、なかなか進まないことが多いので、「まずは休んで体力回復」これが大切だと思いますよ。

 

パパに不満を伝える、体験してもらう

家事や育児を何でも自分でこなそうとしてしまうママは多いですよね。そんなママは、知らないうちにストレスを満タンまで溜まっている危険が!

育児はパパとママが行うものですよね。もちろん家事も同様です。パパにどのようなことをして欲しいかを具体的に伝えるようにしてみると良いかもしれません。

言わずに分かってもらおうという事は難しいです。「察して!」と思うママさんは多いですが、残念ながら、今まで察してくれないパパさんは、今後も察してくれる可能性は低いです。

でも口に出してみれば、相手に思いも伝わりますし、伝わらないからというイライラを感じることも減りますね。

 

また、中には「赤ちゃんの世話って本当に大変なの~?」なんて不届きなことを思ってるパパも多数います。そんなパパには、1日赤ちゃんを預けてみることもおすすめです。

身をもって知ってもらうんですね。1日は心配…というママは数時間でもいいです。そして、15分単位でどんなことを行ったのか、記録してもらうといいですよ。

「私だと、赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいで、なかなか家事をする時間がないの。あなたならもっと効率よくできると思うから、今度の休みの日に、ぜひお手本を見せてほしいの」

なんて言って、3時間くらい預かって、その間にどんなことをしたのか記録してもらう。もしかしたら、お世話にいっぱいいっぱいで、記録なんてできないかもしれません。

そんな時に、妻の大変さを実感してもらえるのではないでしょうか。(しない夫に対しては、あきらめましょう…)

 

気分転換を行う

夫に対してイライラを感じる時は、自分自身に余裕がない時が多いんですよね。そんな時は、リフレッシュを兼ねて、ママだけの時間を作ってみると良いですね。

旦那さんや家族に赤ちゃんを預けて、自分のしたいことをやってみてください。溜まっていたストレスが解消出来るはずです。

子どもが生まれると自分だけの時間を持つことが難しくなる分、少しでも自分の時間が出来れば、気分転換することも容易になりますよ。

さきほど紹介したように、夫に数時間預けることもおすすめです。自分の時間はもてるし、夫に育児の大変さもわかってもらえるので、一石二鳥です。

私は、夫が子供の面倒を見るタイプじゃなかったので、日々、赤ちゃんを連れて100円ショップとかウィンドウショッピングをしていました。

赤ちゃんのうちはベビーカーにのると静かだったので、ゆっくり店舗内を散策できたんです。100均だと値段も安いので、何か買ってもそれほど家計の負担にはなりませんし、ストレス発散にもなりました。

どうしても預け先がないママは、思い切って外に外出して、気分転換をしてみてくださいね。晴れた日に公園に行って、大好きなスイーツを食べる…というのでもいいと思いますよ。

 

まとめ

産後、旦那に感じる嫌悪感は理由があることが分かりますね。何か理由があって旦那さんにイライラするのであれば、言葉にして伝えること大切です。

でも、理由のないイライラを感じる場合は、ご自身の行動を見直して変えてみるのが良いですよ。そうすることで旦那さんへの嫌悪感が少しずつ消えていくではないでしょうか。

Sponsored Link

 

 

当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です