病気

赤ちゃんの中耳炎の見分け方は?こんな時は要注意!

赤ちゃんの中耳炎の種類と症状

中耳炎は、1歳までに約60~70%の赤ちゃんが一度はかかると言われるくらい多いということを知っていましたか?

特に赤ちゃんは、風邪を引きやすく中耳炎にもなりやすいと言われています。

のどや鼻にくっついた風邪の原因であるウイルスや細菌が、耳に入り込み炎症を起こすと中耳炎になります。

これを放っておくと、症状が進み、最悪の場合は難聴の原因になったりすることもあります。

そこで今回は、自分で不調を訴えることができない赤ちゃんのために、中耳炎の見分け方や症状について紹介していきます。

看護師からのアドバイスものせていますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

赤ちゃんの中耳炎の種類

赤ちゃんの中耳炎の種類と症状

中耳炎は、「急性中耳炎」、「慢性中耳炎」、「滲出(しんしゅつ)性中耳炎」という3つの種類に分けられます。

その3種類ある中耳炎の違いを、簡単に説明をしていきますね。

赤ちゃんの中耳炎①急性中耳炎

急性中耳炎とは、鼓膜の奥にある中耳に細菌が感染し、炎症を起こした状態です。

母親から受け継いだ免疫力が切れる時期の生後6か月~1歳半に多く見られると言われています。

赤ちゃんの中耳炎②慢性中耳炎

急性中耳炎を繰り返したり、急性中耳炎の治り方が不完全であったりすることで、慢性中耳炎は引き起こされます。

赤ちゃんの中耳炎③滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、耳と鼻をつなぐ中耳腔に炎症が起きて、中耳に分泌液がたまった状態です。

乳幼児に多く見られ、3歳までにほぼすべての子どもがかかると言われています。

赤ちゃんが中耳炎になる原因

中耳炎は、子どもに多い病気であるということをご紹介しましたが、どうして子どもに多いのかというと、それにはいくつかの理由があります。

赤ちゃんが中耳炎になりやすい理由①からだの構造

耳と鼻やのどをつないでいる管を「耳管(じかん)」と言いますが、風邪を引いたときにのどや鼻にウイルスや細菌がくっついて、そのウイルスや細菌が耳管を通って内耳に入り込み、炎症を起こすと急性中耳炎になるのです。

特に子どもの場合、耳管が太く短いうえに、のどまでの傾斜が緩やかなので、細菌やウイルスが入り込みやすいという特徴があります。

また、滲出性中耳炎は耳管がうまくはたらかず、耳の中の圧力が低くなり、その結果周りの組織から耳の中に液体がしみ出してたまってしまう病気です。

そして子どもの場合、耳管がうまくはたらかなくなる原因が多いと言われています。急性中耳炎、急性上気道炎、扁桃腺の肥大や副鼻腔炎などがあります。

また、先天的やからだの構造的な病気である口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)やダウン症候群、早産の子どもにも起きやすいとも言われています。

赤ちゃんが中耳炎になりやすい理由②抵抗力の未熟さ

全身の抵抗力や、のどや鼻の粘膜の抵抗力が未熟なため、風邪を引きやすく、その結果中耳炎にもなりやすいのです。

赤ちゃんの中耳炎の見分け方と症状

赤ちゃんの中耳炎に要注意

赤ちゃんは言葉で伝えられない代わりに、泣くことで不調を訴えます。

お腹がすいた、おむつが濡れている、甘えたい、暑い・寒いなどの心配がないものもありますが、どこかに痛みがある、熱があるなど病気が原因となっている場合もあります。

いつもと違う泣き方をしていたり、何をしても効果がなく泣き続けているなどの時には、病気による不調のサインかもしれません。

中耳炎になってしまった場合、赤ちゃんが出すサインから中耳炎を見分けるポイントについてご紹介していきたいと思います。

中耳炎の見分け方①風邪症状がなかなか治らない

風邪で治療を受けているにもかかわらず、鼻水が治まらず、37.5℃以上の熱が3日以上続く場合は中耳炎の可能性があります。

中耳炎の見分け方②機嫌が悪く、耳を気にしたり触ったり、引っ張る

中耳炎は激しい痛みを伴うことが多いのですが、その耳の痛みに対する不快感を、赤ちゃんは上記の行動で訴える可能性があります。

中耳炎の見分け方③耳だれが出ている

症状が進むと、鼓膜が破れて黄色のドロッとした膿(うみ)が耳から出ていたり、耳元で固まっていることがあります。

そして、この他にも頭を左右に振る、痛みがひどく眠れず夜泣きをすることもあります。

また、滲出性中耳炎の場合は、急性中耳炎と異なり発熱や痛みはないようですが、軽い難聴の症状が見られます。

あわせて読みたい
耳管開放症とは?
子どもの痛みがない滲出(しんしゅつ)性中耳炎に要注意!治療法は?滲出性中耳炎とは聞きなれない言葉ですよね。 簡単に説明すると、急性中耳炎や風邪などが原因で、耳の奥に液体がたまってしまう病気です。...

赤ちゃんの場合は判断が難しいですが、呼んでも反応が乏しいことが多い場合は注意が必要と言えます。

Sponsored Link

 

赤ちゃんが中耳炎になってしまった場合の注意点

中耳炎を疑う症状があるとき、どのような対処や注意点があるのでしょうか。

簡単にご紹介します。

①小児科または耳鼻科を受診する

まずは、中耳炎の症状が出ているもしくは、風邪の症状が治まらない場合は、小児科や耳鼻科を受診することをおすすめします。

時間がたつと、熱や耳の痛みが治まる場合もありますが、中耳炎の治療には時間がかかる場合が多いのです。

しっかりと治りきらず、中耳炎を繰り返すと、難聴の原因となることを忘れずに。

②耳だれはこまめにふき取る

耳だれが出ていたら、清潔なガーゼでこまめにふき取るようにしましょう。

しわやくぼみにこびりついたものも、取り除くようにしてあげてください。

取りにくい場合は、綿棒などを利用することも良いですが耳の奥まで差し込むことは避けてくださいね。

③鼻水を溜まったままにしない

中耳炎は何度も繰り返すことが多いので、風邪を引いたら細菌を増殖させやすい鼻水を溜まったままにしないことが大切です。

赤ちゃんの場合は、市販の鼻水吸引機を利用するといいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 鼻吸い器 お鼻すっきり W
価格:972円(税込、送料別) (2018/10/5時点)

 

楽天で購入

 

 

④入浴やプールは医師の許可をたずねましょう

耳に水が入ってしまうと、細菌感染の可能性や水圧で鼻水が耳に入ってしまう可能性が心配されます。

洗髪するときは水が入らないように工夫をしたり、脱脂綿で耳栓をするなどしてみてください。

⑤耳を触らせないように工夫する

耳に痛みや違和感があると、どうしても耳に手がいってしまいます。

しかし手には多くの細菌やウイルスが付着しており、治療を妨げることになる可能性もあります。

耳に手がいってしまう時には、冷たいタオルなどで耳の後ろを冷やしてあげると、赤ちゃんの苦痛が少し和らぐことも。

また、耳に手がいってしまうときの為に、赤ちゃんの手の爪は短く切ること、こまめに洗ったりふき取り清潔な状態にしておきましょう。

看護師からのワンポイントアドバイス

★薬は途中でやめないで!★

通常、急性中耳炎の場合は抗生物質を服用すれば完治すると言われています。

軽症~重症の違いで薬の内容や期間は異なりますが、赤ちゃんの症状も段々と治まってきますよ。

でも、症状がなくなると、途中で薬の服用をやめたり、通院をしなくなったりしがちですが、その勝手な判断が危険です。

「もう大丈夫かな」と自己判断でやめてはいけません。

途中で薬をやめることで、細菌が耐性菌に変化し再発したり、慢性化して難聴を招いたりすることがあります。

完全に治るまできちんと治療を受けたり、通院し経過を観察することが重要です。

あわせて読みたい
耳管開放症とは?
子どもが耳管開放症かも?症状や悪化させないポイント、注意点を紹介!子どもは中耳炎をはじめとした耳鼻関係のトラブルが多いですが、耳管開放症という病気にもかかることがあります。 この耳管開放症は、大人...
あわせて読みたい
子どもが中耳炎!いつから保育園に登園していいの?休みじゃないとダメ?中耳炎とは、のどや鼻にくっついた風邪の原因であるウイルスや細菌が、耳に入り込み炎症を起こす病気です。 子どもが風邪をこじらせたとき...

赤ちゃんの中耳炎の記事のまとめ

生後間もない赤ちゃんは不調を訴えることができず発見が遅くなりがちです。

耳の中は非常にデリケートなところで、軽く見るのはNGです。

そのため、親や周囲の大人が注意して、赤ちゃんの症状に気付いてあげることが大切。

何か変だな…と思うことがあったら、迷わずに小児科または耳鼻科に早めに受診することをおすすめします。

保護者が治療を理解し、適切な治療を受けさせることが、赤ちゃんの健康を守ることにつながりますよ。


★この記事を書いた人:N★
看護師資格と経験あり。妊娠のため育休中。

Sponsored Link
あわせて読みたい
乳児湿疹
乳児湿疹のプツプツ・ジュクジュクの改善方法は?牛乳石鹸のケアはNG?こんにちは!管理人のイブです! 今回は乳児湿疹について…。 生まれて間もなくの赤ちゃんって、ふわふわつるつるのお肌でとても可...
当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です