妊娠

妊娠中のおりものが黄緑や黄色?!変化の原因と注意点について!

妊娠中のおりものが黄緑・黄色に?

妊娠すると女性のからだには様々な変化が起こりますが、おりものの変化は健康になんらかの異変があることのサインです。

妊娠初期~妊娠後期に、おりものが黄緑や黄色になったら、「赤ちゃんは大丈夫かな」と心配になって当然ですよね。

おりものが普段と違う場合には何かの病気が潜んでいる可能性があるので、見落とさないことが大切。

そこで今回は、妊娠中の通常のおりものの変化や、黄緑や黄色いおりものになる原因や注意点についてご説明していきます。

Sponsored Link

 

おりものの役割とは?

「おりもの」とは、子宮の中にある内膜や子宮頸管、あるいは膣などから分泌するものを指します。

大腸菌やブドウ球菌などの子宮や卵巣に影響を与える雑菌が子宮の中に侵入するのを防いだり、膣内に入ってきた雑菌やゴミなどを体外に排出したり、様々な働きをしているのです。

また、精子が膣から子宮へと進みやすくなるように、排卵前後で受精のサポートをするという働きもあります。

女性の妊娠にとって、欠かせない大切な分泌液なんですね。

妊娠中の通常のおりものとは?

妊娠中のおりものが黄緑・黄色に?

おりものは女性ホルモンの影響を受けているので、妊娠するとおりものが変化することが多いです。

妊娠中のおりものは、妊娠初期~妊娠中期~妊娠後期を通して、基本的には乳白色のさらさらした水のような状態へ変化します。

量については妊娠中期ごろより増えていき、臨月になるとさらに増えて赤ちゃんがスムーズに出やすくなるように潤滑油の役割を果たします。

臭いに関しては、無臭かあるいは少し甘酸っぱいような臭いが通常の状態です。

臭いとしてはそんなにきつくありません。

ただ、おりものはかなり個人差があるので、妊娠前も「自分のおりものはどんな状態なのか?」ということを知っておくと、妊娠中との違いがよくわかります。

妊娠中のおりものが黄緑色になる原因は?

健診を受けている妊婦

黄緑色のおりものが見られたときには、からだに異変が起きている可能性があり次の病気にかかっている可能性もあります。

妊娠中におりものが黄緑になる原因①トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫によって引き起こされる感染症で、性交渉での感染がほとんどです。

不特定多数が使用する公共トイレの便器や、タオルの使い回しなどによって感染することもあるため注意が必要です。

【トリコモナス膣炎の場合のおりものの特徴】

色:濃い目の黄色か黄緑色、あるいは緑色に近いおりもの。水っぽく泡状。

臭い:きつい臭い。

その他:外陰部の強い痛みやかゆみを伴い、感染した人の多くがおりものの量が増えたと感じるのも特徴。

症状が進んでしまうと免疫力の低下を招いてしまい、他の感染症のリスクも高まりますから、早めの対応が必要です。

妊娠中におりものが黄緑になる原因②淋菌感染症

淋菌感染症とは、淋菌という細菌によって引き起こされます。おりものに異常が見られる時点で、感染から3~9日ほど経過している可能性があると言われています。

【淋菌感染症の場合のおりものの特徴】

色:黄色や黄緑色の膿状のおりもの。(感染後から3~9日後)

臭い:強い悪臭。

その他:症状が進むと発熱や下腹部痛を起こし、目に感染すると失明してしまうこともあります。

性感染症の中でも感染力が強いので、おりものに違和感を覚えたら本人だけでなくパートナーも感染している可能性があります。
パートナーとともに、早めに受診するようにしてください。

妊娠中におりものが黄緑になる原因③クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされるこの感染症は、性感染症のなかでも有名で、近年では若年層での感染者も増えています。

【クラミジア感染症の場合のおりものの特徴】

色:黄色いおりもの、または黄緑色。

臭い:悪臭がある。

その他:おりものの量が増え粘りが強くなったり、強いかゆみや、排尿時に痛みを伴います。初期ではほとんど自覚症状がないため、感染が広がりやすい病気でもあります。

放置すると卵管炎や子宮頸管炎や、卵管周囲炎といった症状も同時に引き起こし、発熱や下腹部痛を伴うこともあるので、早めに受診するようにしましょう。

妊娠中におりものが黄緑になる原因④細菌性膣炎

細菌性膣炎は、大腸菌やブドウ球菌などを原因として引き起こされる炎症です。

【細菌性膣炎の場合のおりものの特徴】

色:黄色や黄緑だったり、茶色がかっている場合もあります。

臭い:強い悪臭がある。

その他:ストレスや疲れから、免疫力が低下しているときに発病しやすいと言われています。黄緑色で無臭のおりものが出ることもあるので、注意が必要です。

下腹部の痛みや膣にかゆみがある、おりものの量が多くなるといったときには、できるだけ早く受診するようにしましょう。

Sponsored Link

 

妊娠中のおりものが黄色になる原因は?

黄色いおりものと一口に言っても、原因は様々です。

前述した

トリコモナス膣炎、

淋菌感染症、

クラミジア感染症、

細菌性膣炎

これらの場合も、黄色いおりものが分泌されます。

こちらの項では、上記以外に黄色いおりものが見られる原因を紹介していきますね。

妊娠中のおりものが黄色になる原因①子宮内膜炎、または卵管炎

さまざまな細菌が原因となって起こる炎症のことを子宮内膜炎と言い、また卵管炎など同様の症状が現れることがあります。

【子宮内膜炎や卵管炎の場合のおりものの特徴】

色:黄色い膿状のおりもの。

臭い:魚介がくさったような生臭いにおい。

その他:かゆみがあり、突発的な発熱や下腹部痛などが伴い、妊娠中の場合は早産の原因になることもあります。

もし、血が混じるようであれば不正出血を起こしている可能性もあるため、早めに受診しましょう。

妊娠中のおりものが黄色になる原因②異物が膣内に入っている

避妊具やタンポン、コンドームなどを膣内に入れたまま放置してしまい、雑菌が繁殖して引き起こされます。

【異物が膣内に入っている場合のおりものの特徴】

色:黄色のおりもの。

臭い:強い臭い。

その他:免疫力が低下し、かゆみを伴うこともあるようです。
膣内は常に清潔な状態を保つよう心がけることが大切です。

黄緑や黄色いおりものになったときの注意点

子宮を大切に

妊婦健診では、初期・後期におりものを採取して、感染症の原因となる菌がいるかどうかの検査があります。

ただ、検査で問題なくても、妊娠中は免疫力が落ちているため細菌や雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

おりものに異常がある場合は早めに受診することはもちろんですが、自分でできるケアで感染症の悪化などを防ぎましょう。

①弱酸性の石鹸で洗いましょう。

細菌の繁殖や感染を予防するために、入浴時に刺激が少ない弱酸性の石鹸を使用してデリケートゾーンをしっかりと洗い流すことが大切です。

ただ、爪でかいたりこすったりせずに、優しく洗ってくださいね。

体調不良などで入浴やシャワーが難しい場合でも、デリケートゾーンだけは毎日清潔に洗うようにしましょう。

②下着はこまめに変えるようにしましょう。

下着は締め付けのないものを選び、通気性の良いものがおすすめです。

特に気になる方は、下着は他の洗濯ものとは別にして洗濯すると高い予防対策になります。

おりものシートを使う方もいますが、通気性の悪いシートを何時間もつけっぱなしにしていると、逆に雑菌が増えやすい環境になってしまうおそれがあります。

おりものシートを使う場合は、綿100%の布製のシートをこまめに取り替える方法がおすすめです。

③おりものの状態をチェックしましょう。

まずは、トイレに行ったらトイレットペーパーについたおりものを確認することを習慣化しましょう。

下着についたおりものは乾くと変色して黄色くなってしまい正常か異常か判断が難しくなってしまいます。

チェックする項目としては次の通りです。

  • トイレットペーパーについたおりものの色が透明か、乳白色か。
  • 指で触ってみたときの感触は、サラサラしているか、伸びる感じがあるのかなど。
  • トイレットペーパーについたおりものが強く臭うか。

④受診について

おりもののことは人に相談しづらく1人で不安を抱え込んでしまいがちですが、性感染症の場合はパートナーも感染していることが多いと言われています。

少しでも異常を感じたら恥ずかしがらずに、きちんと話し合って一緒に治療することをおすすめします。

また、妊娠中の性交渉でも、雑菌の感染予防のために、必ずコンドームを使うようにしてくださいね。

妊娠中は免疫力が一気に下がるので対策が必要

妊娠前より、妊娠中のほうが細菌や雑菌に感染しやすく、おりものが黄色になるような感染症になるリスクが高まります。

これは何故かと言うと、妊娠中は免疫力が下がるため。

でも実は、妊娠中の免疫力は、お腹に宿った赤ちゃんを「異物」とみなさないために、誰でも自然と下がるものなんです。

だからその分、雑菌に感染しないよう妊娠前よりも気をつける必要があるんですね。

人間の免疫細胞のほとんどは、腸内で作られます。

そのため、腸内環境を整えることが必須です。

妊娠中は特に、便秘などのトラブルを抱える妊婦さんが多いですが、妊娠中は普段よりも栄養が必要なこと、ストレスが溜まりやすいこと、つわりなどで食生活が乱れがちなことが原因です。

妊娠前よりも腸内環境が悪くなる要素が多いので、意識的に改善していく必要があるんですね。

次で妊婦さんが対策必須の、腸内環境を改善して免疫力低下を防ぐ方法をご紹介しますね。

腸内環境を改善して免疫力低下を防ぐ方法は?

腸内環境を良くする方法は、食物繊維を取る、ビフィズス菌を補給するなど、いろんな方法がありますが、一番は

腸内の善玉菌を増やして、しっかりと定着させること!

悪玉菌優位になると、便秘になりやすくなったり、免疫力が更に低下してしまいます。

それでは善玉菌を増やして定着させるためには、どうしたらいいのでしょうか。

腸内環境改善のカギはオリゴ糖

腸内フローラを整える

腸内環境改善の役割を担うのは、善玉菌のエサになるオリゴ糖です。

オリゴ糖は腸内の細菌を悪玉菌から善玉菌に変化させたり、カルシウムや鉄、ビタミンなどの栄養素の吸収を高めたりします。

妊娠中は特にカルシウムや鉄が必要になるので、効率的に吸収するために、オリゴ糖がより必要なことがわかりますよね。

オリゴ糖はドラッグストアにも手軽な価格で販売されていますが、実は含有されているオリゴ糖はごく少数で腸内環境改善にはほとんど役に立ちません。

さらにオリゴ糖と言っても、いくつも種類があり、特に腸内環境改善に働いてくれるオリゴ糖が含まれる商品を選ばないと効果がないんです。

その中から、特に妊娠中に摂取したい代表的なオリゴ糖をご紹介しますね。

妊娠中に積極的に摂取したいのは難消化性オリゴ糖

妊婦さんにおすすめのオリゴ糖は、体内で消化されずに、腸まで届く難消化性のオリゴ糖です。

腸まで届くと、腸内にいるビフィズス菌のエサになるので、整腸作用が期待できるんです!

①フラクトオリゴ糖

砂糖に近い、まろやかな甘さがあります。

フラクトオリゴ糖は難消化性で、小腸で消化されず、血糖値はほとんど上昇しません。

小腸を通過し大腸まで届くので、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれます。

さらに低カロリーなので、積極的に摂取したいオリゴ糖です。

便の腐敗臭も軽減させる研究結果もあるんですよ。

②ガラクトオリゴ糖

こちらも小腸で消化されにくく、大腸まで届くオリゴ糖です。

ヤクルトのサイエンスレポート『ガラクトオリゴ糖とその機能性』で、ガラクトオリゴ糖を5g含んだ飲み物を一定期間摂取した被験者が、排便回収が増加した…という試験結果があります。

また、ビフィズス菌の増加も認められました。

(参考:ヤクルト 医療従事者向けサイエンスレポート

熱に強いので、調理しても栄養素が変化することが少ないことも特徴です。

便秘の改善にも期待できるオリゴ糖ですが、甘さはフラクトオリゴ糖よりも控えめですね。

③ラクトスクロース(乳糖果糖オリゴ糖)

難消化性のオリゴ糖なので、血糖値の上昇が少ないです。

オリゴ糖の中でも下痢になりにくいため、妊婦さんにもおすすめ。(※オリゴ糖を摂取しすぎると、お腹がゆるくなることがあるんです)

『日本栄養・食糧学会誌』で腸内細菌叢の改善や『医学と薬学』で便秘の改善の試験結果が発表されています。

安全性の高さも確認されており、砂糖の甘さに近いので美味しく摂取することができます。

④ラフィノース

天然のオリゴ糖で、別名ビートオリゴ糖と言われます。

サトウダイコンから抽出しますが、低カロリーで甘さ控えめ、

オリゴ糖がお腹の赤ちゃんに影響がないか…と心配される方もいますが、現在お腹の赤ちゃんに悪影響があったという報告はありません。

これは何故かと言うと、オリゴ糖は胎盤を通過しないから…といわれているからです。

分子量が小さい成分だと胎盤を通過して、赤ちゃんに影響を及ぼしますが、オリゴ糖は分子量が大きいので、通過できないんです。

むしろブドウ糖のほうが、分子量が小さいので、胎盤を通過して赤ちゃんに影響を及ぼします。

ですから、妊娠中は砂糖よりも、オリゴ糖を積極的に摂取したほうがいいんですね。

妊娠中におすすめのオリゴ糖

さて、オリゴ糖と言っても、液体状のものと粉末タイプがあります。

さきほどドラッグストアにもオリゴ糖が販売されていることをご紹介しましたが、ほとんどが液状のオリゴ糖です。

しかし、液状のオリゴ糖は添加物や砂糖、人工甘味料が入っているものが多いのです…。

販売価格が安いので、原料の高いオリゴ糖の含有量は少し、あとは砂糖と添加物で量を増やしてごまかしちゃうんですね。

それに比べて粉末タイプはオリゴ糖が高濃度

選ぶとしたら断然粉末タイプなんです。

さらに、粉末タイプのオリゴ糖と言っても、「複数のオリゴ糖が配合された商品」を選ぶこと。

これは何故かと言うと、腸内にはいろんな善玉菌がいるのですが、それぞれ好みのオリゴ糖が違うんです!(細菌とは言え、さすが生き物ですね…💦)

だから1種類のオリゴ糖を摂取しても、例えばAという善玉菌を増やすのには役立ったけど、Bというオリゴ糖には全くなんの効果もなかった…ということになるんですね。

でも何種類かブレンドされたオリゴ糖だと、まんべんなく善玉菌を活性化できるので、なるべく複数のオリゴ糖がブレンドされた商品を選んでください。

  • 粉末タイプ
  • 複数のオリゴ糖をブレンド

この2つが重要ですが、妊婦さんでも安心して摂取できるオリゴ糖を2種類ご紹介します。

4種類のオリゴ糖配合の「食べるスキンケア」エンジェルオリゴ

まずはエンジェルオリゴ

4種類のオリゴ糖がしっかり配合された妊婦さんのインナーケア商品です。

腸内の悪玉菌が増えると、毒素を排出しますが、この毒素によってニキビや吹き出物、肌トラブルが起こります。

でも腸内環境が整うと、悪玉菌の増殖が抑えられるので、お肌にも嬉しい作用があるんですね。

キレイな肌の女性

そのため、エンジェルオリゴも「食べるスキンケア」という名前がついているんです。

配合される4種類のオリゴ糖は、乳糖果糖オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖…そして赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を増やすと言われるラクチュロース(ミルクオリゴ糖)。

どのオリゴ糖も、腸に効果的に働きますので、腸のトラブルを抱える妊婦さんにぴったりですね。

毎日1袋ヨーグルトに混ぜるだけで、スーパーヨーグルトに変身!

朝食

内側からぐんぐんキレイになっていくので、腸と美容の両方からアプローチできます!

1週間のお試しキットもあるので、手軽に始めることができますよ。

日本で唯一のトリプル効果をもつオリゴ糖!今度は内側からお肌を健やかに『食べるスキンケア』【エンジェルオリゴ】

日本で一番売れているオリゴ糖 カイテキオリゴ

もう一つは、日本で一番売れている…というカイテキオリゴ

妊婦さんだけではなく、老若男女問わず人気の商品ですが、配合されるオリゴ糖は6つ。

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、乳糖。

そして腸内で脂肪をとりこみ、体外に排出するという環状オリゴ糖。

環状オリゴ糖はダイエット目的で摂取する人もいますね。

このカイテキオリゴのすごいところは、大腸の下の方に生息している善玉菌にも届くように、オリゴ糖の配合が調整されているんです!

確かに腸ってかなり長いので、上の方に生息している善玉菌だけ活性化しても、出口付近のの善玉菌に元気がなかったら、最終的に便が詰まっちゃいますよね。

腸内の善玉菌を、まんべんなくサポートできるという点では、非常に優秀な商品です。

キレイなお腹の妊婦

妊娠中は体重が増えるとは言え、体に不要なものはスッキリ出して、キレイなお腹でいたい!

そんな妊婦さんにピッタリのオリゴ糖です。

初回だと半額で購入することができるので、こちらも気軽にオリゴ糖生活を始めることができますよ。

妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品カイテキオリゴ

黄色いおりものにならないように…日頃のチェックと予防が大切

腹痛

おりものは、女性にとって健康のバロメーターであるということが理解していただけたと思います。

感染症のなかには自覚症状のないものも多く、気づいた時には重篤になっている場合もあり流産や早産のリスクを高めると言われています。

おりものの変化に自分で気づけるように、日々のチェックはぜひ行ってみてください。

また、腸内環境を改善して、抵抗力がこれ以上下がらないよう、気をつけてくださいね。

おりものは個人差も大きいため、もしも不安が感ある場合は一人で悩まず妊婦健診で相談してください。

日本で唯一のトリプル効果をもつオリゴ糖!今度は内側からお肌を健やかに『食べるスキンケア』【エンジェルオリゴ】 妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品カイテキオリゴ
あわせて読みたい
ケフィアグレイン
妊婦の間食に最適なのはケフィアヨーグルト!妊娠中のダイエットに成功!こんにちは、管理人のイブです。 前回の記事の続きになりますが、第一子妊娠中に約15㎏も体重が増加してしまった私は、第二子妊娠の時に...
あわせて読みたい
マタニティスカート
これホントにマタニティウェア?!韓国製のマタニティスカートが可愛すぎる!こんにちは、管理人のイブです。 妊婦さんはどんどんお腹が大きくなるので、今まで着ていたお洋服が入らなくなってきますよね。 そ...

★この記事を書いた人:N★
看護師資格と経験あり。妊娠のため育休中。

Sponsored Link
当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です