妊娠

妊娠9ヶ月のチクチク・ズキズキした下腹部痛…心配ない腹痛と危険な腹痛の違いは?

妊娠後期の頭痛

こんにちは、管理人のイブです。

妊娠期間も終盤を迎えると身体に様々な変化が出てきますよね。

でも、妊娠後期のそれも9ヶ月頃に

チクチク…

ピリピリ…

ズキズキ…

キリキリ…

とした腹痛や下腹部痛を感じると、ちょっと不安になりませんか?

この時期に腹痛があると、「もしかして出産…?!でもまだ早いし…」と焦ってしまいますよね。

出産はいつ始まるかわからないですから…。

今回はそんな妊婦さんのために、妊娠後期に起こるチクチクとした腹痛や下腹部痛の原因と、心配のない腹痛・危険な腹痛について、ご紹介していきますね。

Sponsored Link

妊娠後期の危険な腹痛や下腹部痛は?

妊婦健診

まずは「これはちょっと危険かも?!」という下腹部痛からご紹介しますね。

①出血を伴う腹痛

妊娠がこれまで順調で出血がなかった場合でも妊娠後期には、おしるしや内診による刺激で出血する場合があります。

少量の出血がその日中、または翌日には治まるようであれば、問題ないと言われていますが、出血が続き腹痛がある場合は、異常が発生している恐れもあります。

そんな時は、すぐにかかりつけ医に相談してみてくださいね。

②1時間に5回以上の張りもしくは規則的な痛みがある腹痛

1時間に5回以上の定期的な張りを感じる場合は、前駆陣痛ではなく、本陣痛が始まっている可能性も。

本陣痛の主な特徴は以下のとおりです。

  • 下腹部のズキズキした痛みがどんどん強くなる
  • 痛みの間隔が規則的で、間隔が短くなる
  • 眠ることができないくらい痛い

もし寝ても良くならないような強い痛みを伴う張りがあると、子宮口が開く可能性もあります。

妊娠後期の9ヶ月は、まだ正産期ではないので、まだ油断ができない時期です。

早産や切迫早産にならないよう病院で張り止めの薬などを処方してもらうことも出来ますので、連絡をしてみてくださいね。

③水のような物が流れている腹痛

水のようなものが膣から流れてくる、またはたくさんの水のようなものが流れてくるときは、気づかないうちに破水している可能性もあります。

チョロチョロ…と出てくることもあれば、大量の水がバシャッと出ることもあります。

破水が起こると出産が始まってしまう可能性があるので、もし腹痛を伴ってなくても水が出てきたときは、早急に病院に連絡をしましょう。

④大量出血が伴う腹痛

大量出血に加え、腹痛がある場合は、前置胎盤の危険性も!

通常は子宮の上の方に胎盤が出来るのですが、その胎盤が子宮の入口を塞いでしまっている状態を前置胎盤といいます。

この場合は、子宮口に胎盤が癒着していることがありますので、帝王切開での出産となることも。

大量出血のある腹痛がある場合、早急に病院へ連絡してください。(もし腹痛がなくても、大量出血があったときは、びょ員に連絡してくださいね。)

⑤チクチクを超える激痛を伴う腹痛

激痛を伴う腹痛は、常位胎盤早期剥離や子宮破裂の可能性もあります。

通常、赤ちゃんを分娩してから10分後くらいに胎盤が剥がれるのですが、常位胎盤早期剥離の場合だと、お腹の中に赤ちゃんがいる(妊娠中)にも関わらず胎盤が剥がれ始めてしまいます。

そして子宮破裂は、子宮が裂傷することです。

激痛を伴う腹痛の場合は、いずれも緊急を要する場合が多いので、すぐに病院へ連絡してみてください。

病院に連絡するときは…

出産が近づくと、今まで感じなかった腹痛がとても気になりますよね。

不安な時は、病院に問い合わせることが1番良いと思いますよ。

その場合、

痛みの具合や痛みの間隔(何分ごとに痛むか、どのくらいの時間痛むか)

どのような痛みか(ズキズキ、キリキリや、激痛かどうかなど)

これらを事前にメモし、すぐに伝えることが出来れば、医療機関も判断しやすくなります。

自宅で様子を見るように言われた場合は、無理をせず安静に過ごしてくださいね。

Sponsored Link



妊娠後期のチクチク、ピリピリ、キリキリ、ズキズキ…下腹部痛の原因と心配ない腹痛

妊娠後期の心配ない腹痛は?

次は、心配のない下腹部痛について。

妊娠後期の9ヶ月頃になると、お腹の赤ちゃんの成長も最終段階に入っている時期ですね。

このころになると、妊婦さんによってはチクチクしたような腹痛や下腹部痛を感じることがあります。

①胎動による下腹部痛

妊娠39週目の子宮口の開き

妊娠後期は赤ちゃんは大きく成長し、胎動がますます激しくなってきます。

突然キックされたり、ぐるっと動くことで、ズキッとした突発的な痛みが起こります。

また、ぎゅ~~~っと、頭で押された場所や赤ちゃんの位置によって、お腹の一箇所にキリキリした痛みを感じることも。

胎動により内臓が押されても腹痛が起きるので、妊娠後期のお腹の痛みも自然なことなんですね。

ただ、一定期間「今まで感じていた胎動が感じられない…」というときは、トラブルの可能性もあるので、病院に連絡をしてみてくださいね。

②前駆陣痛

身体が出産に備え、準備を進める過程の中で起こる不規則な子宮伸縮のことを指します。

妊娠後期の9ヶ月頃になると、子宮が不規則に収縮するので、不規則な痛みを感じやすくなります。

ただ、本陣痛とは違い、しばらく休んでいると止まってしまうことがほとんど。

子宮収縮により、お腹の張りや腹痛が起こりますが、しばらく経つと収まる場合は問題ありません。

前駆陣痛は、

  • 生理痛のようなキリキリした痛みで感じる
  • 下痢などの時に起こるゴロゴロした痛みに近い
  • 下腹部がズキズキと鈍痛を感じる
  • 時々子宮がキューッとしてお腹が固くなる

このように、妊婦さんによって違う症状がでます。

前駆陣痛の主な特徴は以下の通り。

  • 痛みを感じているときに痛みにムラがあり、それ以上強くならない
  • 数回続いたあと消える
  • 痛みの間隔が不規則 
  • 眠れるくらいの痛み

このような特徴が現れるときは、本陣痛ではなく前駆陣痛の場合が多いです。

そのため、痛みや強い張りを感じたときは、安静にして痛みの記録をとってみるといいですよ。

もしもキューッとした痛みが休んでも全く良くならない(5分以上続く)とか、お腹が固く張ったままで柔らかくならない、強い痛みを感じる…というときは、無理をせずに病院に連絡してみてくださいね。

③子宮が引っ張られている

子宮を支えている靭帯という部分が、引っ張られることでピリピリ・キリキリとした痛みに変わることもあります。

妊娠後期はお腹の赤ちゃんがだいぶ大きくなっているので、お腹の皮膚とともに靭帯も強く引っ張られるんですね。

お腹が大きくなるため仕方ないことですので、痛みがなくなるまで安静にしてみましょう。

④便秘や下痢による痛み

腹痛を抱える女性

また、妊娠中の便秘や下痢によるトラブルから、下腹部痛を感じることもあります。

胎児が大きくなると腸を圧迫されますし、上手に水分補給や栄養補給をしないと、腸内環境も悪くなります。

妊娠前よりも、便秘や下痢が起こりやすくなるんですね。

①~④までのどの腹痛でもそうですが、まず始めに横になる体勢をとるなどして、しばらく安静にしてみてください。

しばらく安静にして、痛みが治まる場合は、問題ない痛みです。

 

Sponsored Link

妊娠後期の便秘による下腹部痛の原因は?

ご紹介したとおり、妊娠後期の下腹部痛の中には、便秘や下痢による腹痛も含まれます。

この場合は、心配のない下腹部痛に含まれますが、心配ないって言っても便秘や下痢が続くとかなり辛いですよね。

しかも排便トラブルがあると、出産のときに、子どもとともになんというか…ね…。

出産でいきむので、ちょっと恥ずかしい思いをしちゃうんですよ…。

また、妊娠後期は下腹部痛以外にも、こむら返りやむくみで、辛い足の症状が増えませんか?

管理人も寝ているとき、しょっちゅう足がピキーンとなって、あまりの痛みに悶絶していました…。

実は便秘や下痢などのトラブル、そして足の痛みのトラブルのほとんどは、栄養不足が関係しているんですよ。

妊娠後期はいつもより多くの栄養素や葉酸が必要?

葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取する必要があることは、有名な話ですが、実は妊娠後期~授乳期まで葉酸はいつもより多くの量が必要なことをご存知でしょうか?

妊娠をしていない成人女性の1日の推奨目安量は240㎍ですが、妊娠後期は480㎍授乳期には340㎍の葉酸が推奨されています。

「妊娠初期に葉酸をとればいいや」と思っている女性がほとんどですが、実は妊娠後期~授乳期にも、赤ちゃんとママの健康のために、葉酸は必要になるんですね。

しかも妊娠中は葉酸以外のビタミン・カルシウム・マグネシウムをバランスよく摂取する必要があります。

赤ちゃんに栄養が取られるので、妊婦さんはカルシウム不足になりやすい…といわれていますが、それ以外のビタミンやマグネシウムの補給も大切なんですね。

必要な栄養素がバランスよく摂取できないと、便秘になったり、足がピキーンときたり、髪のトラブルが起こったり、むくみが発生したりと、様々なトラブルが体に出やすくなります。

それらのトラブルって、一つ一つはその場しのぎで我慢することができるんですけど、解決しないでいると、今度は体の不調からくるストレスで精神的にも辛くなってくるんです。

管理人も、妊娠中の体の不調を無視しすぎた結果、産後も体がつらすぎて産後うつになりました…💦

産後うつの状態が、半年以上も続いちゃったので、トラブルは早めの解決が鍵なんですよね。

髪もスッカスカのバッサバサになったあとで、激しく後悔…。

「なんで妊娠中に気をつけてこなかったんだろう。」って。

でもね、結局、葉酸にしろビタミンやマグネシウムにしろ、妊娠中の余裕がないときに、食事からバランスよく摂取するのは難しいんですよ。

特に妊娠しても仕事を続けている妊婦さんはそうですよね。

カルシウムを1日の目安量である900㎎補うためには、小松菜で約2束、マグネシウムの310㎎を補うためには、なんと大豆をお茶碗28杯分が必要になります💦

そんなにたくさんの量を、毎日食べることは難しいですし、大量の食材を買うと家計にも負担になります。

しかも妊娠後期は「体重が増えやすくなる時期」なので、食事を控えめにしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

では、

「何だか栄養が足りてなくて、赤ちゃんが心配…」

「便秘気味だし、体重の増加が激しい💦」

「なんだか体が疲れやすいな…」

「足がしょっちゅうピキーンと来ちゃう…」

「朝起きると足がむくんで辛い」

こんな悩みを抱えた妊婦さんはどのように栄養を補給していけばいいのでしょうか。

妊娠後期の栄養補給はサプリがおすすめ

妊娠後期に必要な栄養素を、家計の負担なく、しかもバランスよく摂取するためには、サプリメントで補給する方法が最も効率的で確実です。

妊娠中のサプリメントとして有名なのは葉酸サプリですが、ほとんどの葉酸サプリには、葉酸以外の鉄分、カルシウム、ビタミンなどの栄養素が配合されていて、妊娠中の栄養補給にぴったりなんですね。

ただ、妊娠期のサプリメントの選び方には重要なコツがあるので3つご紹介しますね。

妊娠後期にピッタリのサプリの選び方

①配合される栄養素

サプリメントを摂取する上で、やっぱりいちばん大切なのは、配合されている栄養素。

配合されてても、十分な量が含まれていなかったり、美容目的の余計な栄養素ばかりで、必要な栄養素が配合されていないサプリメントも多いです。

そんなサプリメントだと、妊娠中に飲んでも悩みの解決には至りません。

妊娠中にぜひ摂取したい、カルシウムやマグネシウム、ビタミン、葉酸、そして特に後期はむくみのためにカリウム…これらがバランスよく配合されたサプリメントを選んでくださいね。

②安全性

妊娠中に摂取するサプリメントは、お腹の中の赤ちゃんにも影響するので、安全性が高いサプリメントを選ぶことが重要。

放射能検査や残留農薬検査はもちろんのこと、製品の安全性と品質を保っている製造工場の証であるGMP認定工場で生産されているかもチェックポイントになります。

③経済的な負担が少ない

高品質で栄養価の高いサプリメントと言えども、1ヶ月分で1万円もする商品は、お財布に厳しいですよね。

サプリメントは1ヶ月飲んだからそれで大丈夫!というものではなく、健康維持のためにしばらく飲み続ける必要があります。

特に妊婦さんは、出産後の授乳期もいつもよりたくさんの栄養が必要になるので、長期間の栄養補給は必須!

無理のない価格帯の良質なサプリメントを選べば、何ヶ月も続けやすくなりますよ。

妊娠後期のトラブルサポートに最適なサプリメントは?

妊娠後期のトラブルサポートや栄養補給に最適なサプリメントを一つ紹介しておきますね。

妊娠後期に特におすすめのサプリメントは、『こころからだ あんしん葉酸』です。

「こころからだ あんしん葉酸」はカルシウムとマグネシウムを黄金バランスで配合している優秀サプリ。

でも優秀なのは栄養補給だけではなくって、妊娠後期のむくみや足のピキッとした痛みにも対応している点!!

妊娠後期のむくみやこむら返りってめっちゃ辛くないですか??

起きたら顔がパンパンだったり、夕方には足がむくんで靴が入らない…なんとも言えないだるさがあります。

しかも寝ているときに、何かの拍子にしょっちゅうピキーン!!!

赤ちゃんとの対面がもうすぐなのに、毎日のトラブルで、ストレスが溜まってしまいます。

こういったむくみやこむら返りには、塩分とカリウムの摂取バランスの崩れによって起こります。

でも難しいのは、食事から塩分を摂取するのは非常に簡単ですが、塩分を体外に排出してくれるカリウムの摂取は、食べ物のみだと難しい!

1日に摂取したいカリウムの量は、グレープフルーツでなんと20個分にもなっちゃうんです。キウイだと9個分…。

1日に、しかも毎日そんな量を食べるのは不可能ですよね。

その点、あんしん葉酸は必要なカリウムがしっかり配合されているので、しょっちゅうこむら返りや足がピキッとくる妊婦さんにもぴったりです。

嬉しいことに、産後のむくみにまで対応しています!

そのせいか、産後もリピするママさんが多いんですよ。

このサプリメントの優秀ポイントは3つ。

  • 葉酸、カルシウム、マグネシウム、ビタミン、カリウムなど妊娠中に必要な栄養素がしっかり配合されている
  • 放射能検査や残留農薬検査クリア、GMP認定工場で製造
  • 1日あたり約83円と低価格

あんしん葉酸は、一応葉酸サプリなんですけど、それ以外に含有される栄養素がたっぷり!

先程、ビタミンやマグネシウム、カルシウムの摂取バランスが大切とお伝えしましたが、こちらのサプリメントですと、妊娠中に必要な栄養素がほぼ網羅できるんです。

野菜の摂取不足は便秘の原因にもなりますが、野菜が不足しがちな外食で済ませちゃいこともありますよね。

しかも産後は赤ちゃんの育児に忙しく、「家事は二の次三の次」というママさんが多いので、食事も出来合いのものが一気に増えます。

そんなときにも、栄養補給のサポートをしてくれるので、母乳のためにも続ける!というママさんが多いのもうなずけます。

このサプリメントに含まれる栄養素の種類と量を、食べ物だけで補おうとするのは無理ですし、お金もかかりますから…。

それを1日あたりたった83円という高コスパで、妊娠中のトラブルへの対応と栄養補給が同時にできちゃうところが素晴らしい✨

このコスパで安全性の基準も満たしているので、安心して飲むことができます。

産後栄養不足でボサボサの髪とむくんだ顔…いつも疲れてるママと、

産後疲れもなく、つやつやした顔で毎日元気に過ごすママ…。

あなたはどちらのママになりたいですか?

出産後もイキイキ過ごしたい!

なるべく体重を増やしたくないけど、栄養はしっかり摂取したい!

赤ちゃんも元気に生まれてきてほしい!

妊娠後期の悩みをなんとかしたい…

そんな妊婦さんは、あんしん葉酸を要チェックです!

こころからだ あんしん葉酸の公式サイトはこちら>>

妊娠後期の悩みや痛みはなるべく早めに解決する

特にはじめての妊娠の場合は、ちょっとした下腹部痛やトラブルでも、心配になってしまいますよね。

さらに後期にはお腹がどんどん大きくなるので、こむら返りやむくみ、肌トラブルなど悩みが多くなります。

ホルモンバランスも妊娠前とは違うので、ちょっとしたことでも心配が大きくなって、落ち込みやすくなります。

そのため、気になったり悩んでしまうことがあれば、遠慮せずに病院で相談してみましょう。

下腹部痛の原因も、病院でしっかりと説明を受ければ、安心できますよね。

またこむら返りやむくみは、どんな妊婦さんにも起こるトラブルなので、それほど心配はありませんが、出産直前まで続くとちょっとしんどいですよね。

そんなときも、上手に栄養補給をして解決していけば、リラックスした気持ちで過ごすことができます。

ママがリラックスしていると、お腹の中の赤ちゃんにもいい影響を与えるんですよ。

赤ちゃんがすくすく成長できるよう、なるべく心配や悩みを減らして、ママも万全の態勢で出産を迎えましょうね。

妊婦さんの多くが経験する「こむら返り」。こむら返りを解消する【葉酸サプリメント】
あわせて読みたい
妊娠後期の注意点
妊娠後期(28週目~40週目)は常位胎盤早期剥離に要注意!働くママの準備は?妊娠後期は出産間近の時期で、いつ赤ちゃんが生まれてきてもおかしくありません。そのため、前もって準備をしておくことが大切です。 この...
あわせて読みたい
妊娠後期(28週目~40週目)は静脈瘤になりやすい?ママに起こる症状は?いよいよ妊娠後期、妊娠8ヶ月~10ヶ月のころなので、お産まであと少しです。おなかはせり出し、胎動もはっきり感じられ、赤ちゃんとの対面が待...
当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です