産後一年たっても疲れやすい…疲労や体調不良の原因と対処法は?

産後一年の体調不良とイライラ

こんにちは、管理人のイブです。

出産は女性にとって人生の一大事ですから、産後にどっと疲れが出ます。

私もそうでしたが、産後1ヶ月、3ヶ月とたっても、疲れがなかなか取れませんでした…。

正直言いますと、産後1年以上だっても

  • 体が常にだるい
  • 朝の目覚めが悪い
  • 肩がバキバキに硬い
  • 調子が悪くてお肌もボロボロ…

こんな症状に悩まされました。

実はこのように、産後一年たっても、

だるさが残る、疲れがとれない、肩がこる、気分が落ち込む

という体調不調を訴えるママさんも多いんです。

体にずっと疲労感が残っていると、気分も落ち込みやすいですし、イライラしますよね。

でも疲労回復しないで無理し続けると、いつまでも体調不良が続くことになります!

そう、「産後だから疲れてもしょうがない。」とほったらかすのではなく、改善が必要なんですよ。

疲れや気分の落ち込みは、精神的にもストレスになるので、なるべく早く解消するに越したことはありません。

解消できると、目覚めはいつもスッキリ爽やか!気分も晴れ晴れ…

と今までと全く違う、ご機嫌な毎日に変わりますので、お疲れ気味のママさんは、ぜひ今回の記事をご覧ください。

今回は、産後一年経つ頃のママの体の状態や心の状態、そして産後ママが不調を抱えやすい原因、対処法についてご紹介します。

Sponsored Link

産後一年のママの身体はどうなっているの?

産後一年の骨盤は?

産後一年経つと、生活のリズムが整い、少し時間にも余裕が出てくるころです。

また出産時の大変さや痛みの記憶が薄れ始めますよね。

しかし赤ちゃんが自由に動けるようになったり、夜泣きがあったりと、大変さが無くなるわけではありません…。

産後一年経つ頃には、ママの体も子宮や筋力、骨盤も妊娠前の状態と変わらないほど戻ると言われています。

ただし、骨盤矯正が上手く出来ていなかったり、姿勢が悪い状態が続いていたりすると、慢性的な肩こりや腰痛などのトラブル原因になります。

特に母乳のママさんは、授乳中は前かがみになることが多く、姿勢が悪くなりがち。

授乳後は腕を大きく伸ばしたり、ストレッチをするといいですよ。

産後一年のママの心はどうなっているの?

産後一年経つと、ホルモンバランスも安定してくる頃ですよね。子どもとの付き合い方や、育児の方法も要領を得てくるようになります。

しかし一方で、動き回るお子さんや言うことが理解できるようになったお子さんに手を焼く事が増え、イライラするママさんも。

また、気の利かないパパに対して必要以上にイライラすることがありますが、ストレスをためてしまうと、産後クライシスに繋がりかねません…。

夫婦仲が悪くなる多くの原因は、パパにイライラする事ではなく、そのイライラをママが溜め込んでしまうことなんです。

手伝ってほしいけど言えない…「でも、察してよ!」と思っているママさんもいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな時は、イライラの理由や相手にしてもらいたいこと、自分の考えを言葉で伝え、コミュニケーション不足を解消することが、産後クライシスを回避する方法の一つですよ。

また、二人目を考えている場合は、産後クライシスになっていると、なかなか授からない事もある…という話もありますので、パパと相手を思いやり、何でも言い合える関係を築けたらいいですよね。

あわせて読みたい
パパ育児成功の秘訣は?
パパがイクメンになる方法!すんなり手伝ってもらえるコツとは?!漫画仕事でつかれているのは解るけど、出来れば育児を手伝って欲しいと思っているママは沢山いるのではないでしょうか。 私は、お腹の中に...

産後一年経ってもママが疲れやすい理由は?

肩こりのある女性

そもそも産後ママが不調を抱えやすい理由は、女性ホルモンが影響

産後もホルモンバランスが戻るまでに、3ヶ月から1年近くかかります。

そのうえ、生活リズムが大きく変わり、自律神経も乱れがちに。

こんな体の状態なので、ママだけで子育ての苦労や不安を抱え込むと産後うつにつながることもあるんですよね。

私も産後うつになりましたが、はじめはそのことに自分で気づかないので、なんでも抱え込んじゃったりするんです。

「誰にも頼れない…!」みたいに思い込んでいました。

でも産後一年経って、ホルモンバランスは元に戻っても、授乳や夜泣き、寝かしつけなど大変なことはまだ続きます。

そう、育児は今後もずっと続く長丁場なんです。

それなのに産後1年の間に無理をしちゃうと、自分でも気づかないうちに、子育てがストレスとなって自律神経が乱れてしまう…といい影響はありません。

その悪影響が、肩こりや腰痛、慢性疲労、イライラ感などにつながることもあるので、ぜひこのあとでご紹介する改善方法を試してみてください。

「ママの疲れの解消方法」と「家事負担を減らす方法」に分けて説明しますね。

ただ、疲れがひどい、あまりにも長く続くときは、甲状腺の病気の可能性もあるそうです。

そのため、起き上がれないほど疲れている、疲れのひどい状態が長く続いているときは、病院を受診することをおすすめします。

Sponsored Link

 

産後一年のママの疲れやすさやイライラを解消する方法

おすすめの方法を紹介する女性

まず、体の不調を感じるときは、簡単な運動やストレッチなどを定期的に行うようにしてみてください。

身体を伸ばす簡単なストレッチを行うと、「こんなに体が硬くなっていたのか!」と気付くことができますよ。

ストレッチでもちょっと…という方は、首を回したり、腕を上に伸ばして「う~~~ん」と伸び上がってみてください。

身体が縮こまっていると、そんな簡単ですぐにできる動作でも、とっても気持ちよく感じます。

その後少しずつ、無理なくストレッチを増やしていきます。

簡単にできるのに、運動量があるのはラジオ体操。

1歳位の子供でも見よう見まねでできるので、一緒にやってみてくださいね。

また、食生活を改善して、栄養たっぷりの食事をとるようにすると、徐々に体力が回復していきます。

私は仕事をしていて毎回栄養たっぷりの食事を作ることが難しいので、ドラッグストアに売っているサプリよりも、ちょっと高めの女性のためのサプリを購入して飲んでいます。

ずっと飲んでいますが、疲労度が全然違うことと、肌に透明感が出たのでお気に入りです!

疲労回復についてはかなりの効果で、短期間でみるみる元気になれました。

気になる方は、下記の関連記事をご覧になってみてください。

あわせて読みたい
肩こりのある女性
産後の疲れや疲労回復に最適なサプリメントは?だるい…を1週間で回復した方法こんにちは、管理人のイブです。 産後のママは慣れない赤ちゃんのお世話に毎日ワタワタ…特に月齢の低い赤ちゃんだと、朝夕が逆転していた...

心の不調が気になる場合は、パパや家族に子供を預けて、リフレッシュ出来る趣味や習慣を持つことがおすすめ。

カフェで一息つくのもいいですよね。

美容院に行っちゃうのもおすすめですし、エステやマッサージ、ネイルサロンに行くママさんもいます。

24時間育児や家事を行っていると、ママはついついご自身のことは後回しになりがちです。

そのような時に、ご自身のために思いっきり時間を費やすことがリフレッシュになりますよ。

まずは軽い運動、そして時間かお金を自分のために使って、いつもより少しだけ自分を大切にしてみてください。

産後にできる疲労回復方法

・簡単な運動(ストレッチやラジオ体操)

・栄養満点の食事

・食事で補うことが難しい人はサプリで補う

・子供を預けてリフレッシュする

産後一年のママの家事負担をなるべく減らす方法

産後一年のママが疲れるのって、ホルモンバランスとか育児とか、いろいろあるんですけど、それに加えて「家事」も原因の一つですよね。

でも特に専業主婦の場合、家事を誰かに頼むって「サボってるんじゃないの?」って目で見られるので頼みにくいんですよ…。

夫とかに頼んでも、ほとんど手伝ってもらえなかったり、手伝ってくれても逆に面倒が増えたりしませんか?

しかも家事をしないパパさんほど、「やってやった感」がすごいので、頼みたくなくなりますよね…💦

そのため、最近のママさんは

  • お掃除ロボットのルンバ
  • 乾燥機付き洗濯機
  • 食洗機

これらを活用しています。

文句を言わない機械に頼るほうが、ストレスも無くなるという…。

ただ、管理人は、乾燥機付き洗濯機はもっていますが、ルンバと食洗機は持っていません。(高いし家も狭いので)

ただ、ずっと食材の宅配をお願いしています。

食材の宅配がいいところって、

  • 子供を連れてスーパーに行かなくていい
  • 牛乳とかお米とか重いものを運ばなくていい
  • パパに車を出して貰う必要もない

この3点からママの負担がぐっと減るんです。

産後1年経って、歩きはじめの子供をスーパーに連れて行くと、いろんなものを触ったりお菓子や甘いものを欲しがってぐずったりと大変💦

うちも一度連れて行くと、なかなか帰れませんでした。

これだとスーパーに行くだけで疲れちゃうので、私はもっぱら週イチで届く食材宅配に。

これがもう便利で便利で、かれこれ8年位利用しています。

食材宅配は業者がたくさんあるんですけど、私が利用しているのは「パルシステム

↑このパルシステムのいいところって、

  1. 農薬散布に配慮した野菜
  2. 飼料もこだわった豚や牛のお肉
  3. 添加物を使っていない加工食品(ソーセージとか)

このように、食材の安全性が高いんですね。

コープの宅配もありますが、コープの食品はむしろスーパーに売っている品と変わりません。

だから農薬がジャンジャンかかった野菜とか、劣悪な環境で育てられた豚や牛の肉とか、安全性にちょっと疑問が残るんです。

でもパルシステムは、「使う農薬は最小限」など、市販品よりも食材に気を配ってます。

だから豚肉もとっても美味しい!!スーパーのお肉とは味がぜんぜん違います。

確かに食べ物ってこだわれたらいいのですが、私が一時期オーガニックの宅配をお願いしたときは、

食費が跳ね上がりました!!💦💦

例えばオーガニックの野菜だけで、一週間分一万円とか普通にかかります。

それにお肉とか乳製品とか足すと、1ヶ月の食費が3人で6万とか、すごい値段になっちゃってたんです。

パルシステムにもオーガニック野菜はあるんですけど、そこまで高い値段じゃないんです。

お試しセットなんて、有機野菜が8点も入って1000円!!

素晴らしい✨

オーガニック以外の野菜も、農薬が最小限に抑えられているので、スーパーの野菜に比べたらずっと安全。

食品の全体的な値段も、スーパーの値段より少し高いくらいです。

むしろ何度もスーパーに行くほうが、余分なものを買ってしまって、私は食費が高くなっていました。

食材宅配で届くと、「今週はこの食材で献立を作る!」という目標になるので、トータルで食費も減るんですね。

ちなみにある週にパルシステムから届いた食材はこちら↓

パルシステム

↑この食材で足りないときだけ、スーパーを利用します。

パルシステムは冷凍食品とか加工食品も多いので、忙しいママはぜひ利用してほしいですね。

↑チンするだけの冷食は、本当に簡単で便利。

上記の食材で作ったある日の食卓↓

よく見ると、ちゃんと作ったのは野菜のお味噌汁だけ😂

あとはのせただけとか、洗っただけとか、切っただけとか、そんなものなのでかなりの時短ご飯です。

でもこの献立なら、パパも文句は言わないですよね。

こちらはある日の朝食↓

やっぱりちゃんと作ったのは、野菜の味噌汁と卵焼きのみ😂

手間が全然かからないので、疲れが溜まっているママさんでも十分可能です!

先程栄養たっぷりの食事を作れないのでサプリを飲んでいる、ということをお伝えしましたが、簡単に用意できるサラダや味噌汁、冷食にプラスしてサプリメント…という感じです。

この食生活で、かなり疲れが軽減されたので、無理せず続けることができてます。

「毎食30品目目指そう!」とかするほうが、ずっと疲れちゃうので本末転倒。

サプリメントにしろ、食材の宅配にしろ、ママが少しでも疲れを軽減できる方法を、上手に取り入れてみてください。

少しでも疲労回復できると、子どもにも優しくできるので、イライラする機会がグッと減りますよ。

パルシステムのお試しセットはこちら>>

産後の疲れが軽減するとイライラも減る

産後一年のママは、ホルモンバランスによる体調の不良は随分改善されてくるころです。

ところが日々の疲労がたたり、自律神経が乱れてしまうと、体調不良に陥ってしまいます。

また肩こりやイライラを抱えるママさんも沢山いますよね。

イライラするとストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されちゃうので、体もとてもしんどくなるんですよ…。

しんどいと子供に優しくなれないので、そんな自分にイライラして…とまさに悪循環です。

そのため、

  • 一人で抱え込まず、頼れる人は頼ってストレス発散する
  • 家事負担をなるべく減らす
  • 体のコリをほぐすようなストレッチをする

これらの方法を試して、心に余裕を持つようにしてくださいね。

はじめは余裕がなくても、家事や体への負担を減らしていくと、産後の疲れも徐々に回復して体力もついてきます。

その状態になればイライラも減ってくるので、余計なことに神経をすり減らす必要がなくなります。

そうなったら、また毎日の育児や家事、仕事などが頑張れるんですよ。

産後1年経っても疲れが取れないということは、体が悲鳴を上げているサインです

まずは自分をいたわるために、これ以上頑張ろうとするのではなく、負担を減らしてくださいね。

ママの皆様、お疲れ様です。

Sponsored Link
あわせて読みたい
産後のアホ毛を目立たなくす方法は?
産後のアホ毛が目立たない髪型&簡単ヘアアレンジ!こんにちは、管理人のイブです。 産後ってびっくりするくらい毛が抜けますよね…。 私も産後半年くらいたって、頭頂部付近を中心に...
あわせて読みたい
強烈な紫外線
ママのための簡単UVケア!公園や外遊びの紫外線対策で一番便利なアイテムは?こんにちは、管理人のイブです。 子供と近くの公園やスーパーに行く時、子供のお出かけ準備をバタバタと行い、ママのUVケアを忘れてしま...
当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です