母乳

添い乳って危険?新生児はだめ?4つのリスクとメリット&デメリットについて

新生児の添い乳は?

こんにちは、管理人のイブです。

生後1ヶ月の赤ちゃんには1日何度もミルクを与える必要があり、夜中の授乳は特に大変ですよね。なかなか寝ついてくれない赤ちゃんに添い乳をして、赤ちゃんも自分も楽が出来れば嬉しい限りです。

しかし、新生児の添い乳は問題がないかが、気になるところですよね。そのため今回は、添い乳をすることによる危険性や注意点、メリットやデメリットをご紹介していきます。

Sponsored Link

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんに添い乳はしても大丈夫?

新生児の添い乳は?新生児の添い乳は?

添い乳は、ママが赤ちゃんの横に寝て、寝た体勢で授乳を行う事を指します。ママが横になっているので、比較的抱っこや座って授乳をするより楽な体勢だと考えられているため、体が辛い時に、実践するママさんが多いです。

赤ちゃんには「背中スィッチがある!」というママさんがいますが、寝かしつけてベッドに置いたとたん、起きてしまうような敏感な赤ちゃんも結構…いやかなりいます。^^;

そんな時に添い乳は、赤ちゃんが自然に寝入って、そのあと寝せたままにできるので、ママにとっても楽なんですね。

そして、新生児であっても、添い乳の態勢で上手くお乳を吸えるようなら、問題はないと言われています。しかし、残念ながら、新生児は上手くおっぱいを飲むことが出来ない時期でもあるため、添い乳を行っても十分に母乳を飲んでいない事もあるんですね。

そのため、生後1ヶ月の赤ちゃんに添い乳を行う場合は、ママが赤ちゃんと向かい合った状態で横になり、そして、下側のおっぱいで授乳する方法が一般的です。

体の下になる手は、頭の上などでキープしていると手が痺れずに済みます。もう片方の手は、おっぱいに添えて赤ちゃんの授乳をサポートしていきます。

また赤ちゃんの背中や首に手をあてて支えてあげると、より飲みやすくなりますよ。ただ、特に新生児に添い乳を行う上では、しっかりと危険性やデメリットを知っておかなければいけません…!

 

添い乳をする時の4つのリスク

添い乳のリスクやデメリットは…?添い乳のリスクやデメリットは…?

①吐き戻しの危険

添い乳を行う時は、寝たまま飲んでいる状態です。そのまま寝入ってしまうと、赤ちゃんが吐き戻してしまう可能性があります。

吐き戻しでのどをふさぎ、窒息する可能性もゼロではありません。そのため、抱っこして、一度げっぷをさせてあげたほうが安心です。そう考えると、たとえ寝ていても一度起き上がらせることになるので、赤ちゃんが目を覚ましてしまう可能性も高いです。

 

②窒息の危険

添い乳は窒息する可能性がゼロではないため、危険があることも知っておかなければいけません。

ママが疲れており、添い乳の途中で寝入ってしまうと、赤ちゃんの上にかぶさってしまって、赤ちゃんが窒息する…という悲しい事故もあります。

 

③中耳炎の恐れ

添い乳は横向きで行う事が多いため、口からこぼれた母乳が耳に入ってしまう可能性もあります。その結果、中耳炎を引き起こすことも。

 

④乳腺炎のリスク

ママにのリスクとしては、添い乳を行うことで乳腺炎になるリスクが増えてしまうのです。

添い乳で授乳できる角度は決まっているため、母乳をまんべんなく吸ってもらうことが出来ず、飲み残したお乳の方が、乳腺炎につながる可能性があります。

片方のおっぱいで母乳を与えることを止めてしまうと、授乳によって刺激され、分泌された母乳が溜まってしまうため、痛みを感じることもあります。

 

Sponsored Link

 

添い乳のメリットとデメリットは何?

添い乳のメリットは最初にお話したとおり、ママが休むことが出来るということが最大のメリットですよね。また比較的、赤ちゃんが寝入りやすいという点もあります。

そして、寝る時にママと赤ちゃんの距離が近いため、より親子のスキンシップができるというメリットがあります。

 

逆にデメリットは、危険とお話した窒息がありますが、その他、添い乳を習慣化してしまうと夜中に寝ない赤ちゃんになるリスクが高まります。

またウトウトした状態で、赤ちゃんもミルクを飲んでいるためお腹が満たされず、眠りが浅くなることも。寝入るまでの時間が短くなっても、途中で起こされる頻度が高くなるという可能性もあります。

それにやはり窒息の可能性は無視できないですよね。考えるととても怖いことです。こういった危険性もよく考えてください。

 

まとめ

添い乳にはよい面もありますが、デメリットも大きいと感じますね。私は一人目の時は添い乳を行っていたのですが、ママスキルが低かったのと、産後の疲れがピークで、この方法しか思いつきませんでした。

さらに子供があまり寝ない子だったので…。でも今もし赤ちゃんがいたら、添い乳は行わないと思います。

ママスキルが上がったというのもありますが、やはりデメリットが大きくて、万が一を考えると実行できません。

とはいえ、疲れてボロボロのママさんに、「添い乳はダメだよ!」なんて偉そうなこともいえないんですよね。産後のママの疲れや辛さはよく分かるので…。

添い乳をしようかどうしようか迷っているママさんは、メリット・デメリットをよく考えてみてくださいね。下記の関連記事では、添い乳以外の寝かしつけの方法をご紹介していますので、参考にしてみてください。

Sponsored Link

 

 

葉酸サプリ10個以上比較してみました★