生後一ケ月(新生児)

生後一ケ月の赤ちゃんが昼間に寝ない!抱っこばっかり!そんなときの対処法

添い乳をやめたらギャン泣き!

こんにちは、管理人のイブです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、寝てばかりいると聞いていますよね。私も第一子が生まれてくるまでは、「赤ちゃんは置けば寝る」と思い込んでいました!

ところがところが、おっぱいをあげて置くと泣く…また抱っこして泣き止んだから置く、また泣くの繰り返し…。

ベビーベットで一瞬たりとも寝てくれませんでした!誰だ~!置けば寝るといった人は~~!!(※私の義母です)

確かに寝てくれる赤ちゃんもいるにはいますが、圧倒的に「置くだけでは寝ない」赤ちゃんが多いと思います。

また、抱っこをしていて、寝たと思いベッドに置くと、すぐに起きてしまう…と悩んでいるママさんも多いと思います。

その結果、日中はずっと抱っこしていて、ママも疲労困憊という状況になっているかもしれません。

今回は昼間なかなか赤ちゃんが寝ない理由や原因と、そんな赤ちゃんをどのように寝かしつければいいのか、対処法をご紹介しますね。

Sponsored Link

生後1ヶ月の新生児が日中寝ない原因は何?

赤ちゃんが寝ない原因は?赤ちゃんが寝ない原因は?

新生児の平均睡眠時間は16~18時間とされています。そう考えると、通常であれば、1日24時間のうち、授乳、オムツ替え以外はほとんど寝ていると言っても過言ではありませんよね。

でも実際にはなかなか寝てくれません…。もしくは寝ていてもすぐに起きてしまう…その原因の一例をご紹介します。

 

①昼夜の区別がついていない

お腹から出てきた赤ちゃんは昼夜の区別はついていないと言われています。人間が生きていくための最低限の空腹を満たすため、お腹が空いたら起きて、ミルクを飲み、お腹がいっぱいになったら寝る、を繰り返します。

そのため、赤ちゃんのリズムとしては比較的「寝る→起きる」が頻繁なんですね。そのため、寝たり起きたりが多いですし、夜になかなかぐっすり寝てくれない…という事態にもなりやすいです。

 

音や刺激に敏感で起きてしまう、泣いてしまう

さらに、新生児は小さな音や体の刺激に大変敏感です。新生児にも個性があるため、音や刺激に敏感な赤ちゃんは、より周りの環境に影響を受けやすく、寝ることが難しいです。

ずっと起きている、もしくは眠いのに寝ることが出来ない状態だと大人でも嫌ですよね。そんな不快感を泣いて表現することもあります。

昼間は夜よりもさらに音したり、部屋の中も明るいので、より刺激が多くなり、寝るのが難しくなるケースが多々あります。

 

③不快感を訴えている

また何らかの不快感を感じて、昼間に寝なかったり、泣いてばかりいる赤ちゃんがいますが、その不快感の原因は様々です。

主に、オムツが気持ち悪い、母乳やミルクが足りない、暑かったり寒かったり温度調整が上手く出来ない、抱っこしてほしいなどが挙げられます。

赤ちゃんは泣くことでしか表現出来ないため、おむつを変えてみる、布団をかけてみるor外してみる、抱っこしてみる…と試してみて、何が不快で泣いているのか、探ってみてください。

 

また睡眠時間はあくまで平均ですので、睡眠時間が少なくても大丈夫な生後1ヶ月の赤ちゃんもいます。ママはちょっと大変ですが、個性の一つと考えて悩みすぎないことも大切です。

うちの子どももまさに、「寝ないという個性」を持って生まれた子でした…。小学生になった今でも、夜寝るのが遅くても朝起きるのは早いので、もともと睡眠が少ない方だったのだと思います。

とはいえ、赤ちゃんのうちからその個性だと、ママも疲れちゃいますよね。ということで、次にいくつか対処法をご紹介していきます。

Sponsored Link

新生児が昼間寝ない場合の対処法は?

赤ちゃんがウトウトはしていても、いざ横に置こうとすると泣いてしまうことはありませんか。そんな時は、また寝かしつけを一から行う、と考えるとママはぐったりしてしまいますよね。

新生児が昼間寝ないときの対処法を、いくつかご紹介しておきますね。

 

①抱っこひもを使う

そんな時は、横抱き用の抱っこひもを使用してみてはいかがでしょうか。ベッドや布団に置かなくとも両手が自由に使えるようになりますので、ママもだいぶ楽になります。

ママとの距離が近ければ近いほど、赤ちゃんは安心するので、抱っこひもだと寝てくれる…というパターンが結構あります。

横抱きはちょっと怖い…というママさんには、今ではド定番である「エルゴの抱っこひも」がやっぱりおすすめ。

新生児から使えるパッドがあるので、安心して縦抱きができます。

 

このエルゴはすごいよ…!!

ママが長い時間抱っこをしていても、疲れが他の抱っこ紐と全然違う…!

私も抱っこ紐やおんぶ紐を5つも6つも買いましたが、最終的にはエルゴと新生児パッドだけあれば良かったな…と思いました。

他の抱っこ紐よりも高いですが、いくつも買うよりも結局お得なんですよね。

抱っこしているうちに赤ちゃんが寝たら、エルゴの抱っこ紐と一緒にそっとおろせばOK。

他にも私はスリングとか使ったことがありますが、これはNGでした~~

(;´・ω・)

いいというママさんも多いのですが、とにかく肩がこってしょうがなかったので、私には合いませんでした。肩こりママさんにはちょっと辛いかもです。

 

②体内リズムを整える

新生児は昼夜の区別はついていませんが、ついていないからこそ、時間管理をママが行い、体内時計のリズムと整えることも効果的です。

赤ちゃんがウトウトする時間を見極めて、オムツ替え、授乳、沐浴の時間を決めていくことで、昼間の睡眠時間を確保できやすくなります。

赤ちゃんにとってもタイムスケジュールは、今後成長する上でも重要になるため、月齢が小さい頃から実践することがおすすめです。

 

③おくるみを使う

また新生児はモロー反射などで、ウトウトしていても起きてしまう事があります。バスタオルやおくるみなどを用いて、赤ちゃんがママのお腹の中にいた時に近い状態にしてあげると、赤ちゃんが安心して寝入ることがあります。

日中起きてしまう赤ちゃんにはもちろん、夜中起きてしまう赤ちゃんにも合わせて試してみたい方法ですね。

この方法は私も実践していました。だから月齢の低い時は、ミイラのように布でぐるぐる巻きにされた写真がいっぱい(笑)

赤ちゃんがきつく感じない程度で優しく巻いてあげてくださいね。

このおくるみはかなり評判がいいです↓

 

楽天市場で★4以上ついていて、とても使いやすいことが特徴。

おくるみでくるんであげると、安心するみたいなので、敏感な赤ちゃんには試してみてもいいかもしれませんね。

 

④座布団の上で寝かしつける

これは薄めの座布団や小さい毛布などで行う方法ですが、赤ちゃんを座布団の上にのせて、そのまま抱っこします。

その状態でゆらゆらと揺れて、寝かしつけるんですね。赤ちゃんが寝たら座布団ごとベッドに置きます。

赤ちゃんは背中のひんやり感に敏感と言われていますので、座布団ごと置くことでそれを軽減する役割があります。

毛布を使ってもいいのですが、赤ちゃんが巻き込まれたり、顔にかぶさらないように気を付けてくださいね。

この方法は私もよくやってました!確かにおいても起きなかったので、ただ抱っこするよりもずっとおすすめの方法です。

 

まとめ

新生児の赤ちゃんはいつも寝ているイメージがあるにもかかわらず、実際は、赤ちゃんの性格により寝ないこともあります。赤ちゃんあるあるです(;´・ω・)

もし泣いてばかりでも、よくミルクを飲んで、排泄が出来ているようであれば、大体は大丈夫です。

泣き方がいつもと違うとか、体に異変がある…というときは、病院に相談してみてくださいね。

ママは寝ない赤ちゃんを抱っこしてばかりで疲れてしまいますよね。疲れやストレスをうまく発散させながら、赤ちゃんの生活リズムが整うサポートをしていきましょう。

Sponsored Link
葉酸サプリ10個以上比較してみました★