義母に母の日のプレゼントをあげるべき?あげなくていい方法は?

毎年5月の第二日曜日は『母の日』ですね。私も母になり、子ども達から初めてカーネーションをもらった時は嬉しくて、母になった喜びに気持ちが躍ったものです。

そして、母になったことで、実の母の偉大さを実感し、『母の日』には心から「お母さんありがとう」と伝えられる様になりました。

同時に、義母にもこんなかわいい子ども達を授かる事が出来たのは、主人のおかげでそんな主人を産んでくれた事へ感謝の気持ちがわく日でもあります。

私自身がわが子からもらったのが嬉しかったので、ここ数年は主人から義母にプレゼントを渡してほしいと完全にお任せしている状態です。

ただ、ネットや周りのママ友からは毎年この時期「義母にあげるの・・いやだな」という声が聞こえてくるのも、ほんとのところ…。今回はそんな悩ついて取り上げていきます。

 

Sponsored Link


 

義母に母の日プレゼントをあげたくない!あげられない…嫁の本音

義母に母の日のプレゼントをあげたくない!

義母に母の日のプレゼントをあげたくない!



ヤフー知恵袋を見の中で、このような悩みを見ていると・・

「姑が嫌いだからあげたくない」

「何をあげても喜ばれない。もったいないと言われた」

「経済的に苦しくてあげる余裕がない」

などと、お嫁さんが義母にあげたくない、あげられない本音がたくさん出てきます。

 

私の周りのママ友の「義母にあげなくなった…」という実話をひとつご紹介します。ママ友は結婚して数年間は、義母に毎年欠かさずカーネーションの鉢植えを送っていたそうです。

しかし、お礼の電話もなければ、会った時にもそこには全く触れてこない。最初は気にしていなかったそうですが、ある年のお正月に義実家に親戚一同が集まった際、義母が少し酔っ払いながら、
「毎年、母の日に長男の嫁はカーネーションを送り付けてくる。次男の嫁は一緒に買い物に行って“好きなものを買ってくれる”私、正直生花って好きじゃないのよ。だって世
話が面倒じゃない」

とみんなの前で声高々に話したそうです。こ…これはキッツイですよね…。

これを境に、そのママ友は母の日どころか誕生日もプレゼントは贈らなくなったそうです。気持ちはよくわかります。

ただ、このママ友の例は特殊だと思っていたのですが、ちょっと調べただけで同じようなエピソードが溢れていて、正直驚きました。

確かにこんな事言われたらあげるのが嫌になっちゃいますよね。嫌な思いをしても、義母にプレゼントを贈るべきなんでしょうか??

 

義母に母の日のプレゼントはあげるべき?

義母への母の日のプレゼントはどうする?

義母への母の日のプレゼントはどうする?



義母への母の日のプレゼントに悩むお嫁さんが多いと思いますが、一般的な考えで言えば「義母にもあげた方がいい」という意見が大半だと思います。

どんな義母とは言え、自分の夫の母ですしね。そういう考えが定着しているから嫁として「あげなくてはいけないのかな?」「あげるべきかな?」と悩むのだと思います。

「あげるべきかな?」と悩むのであれば、嫌でもあげてしまった方がスッキリするのかなと思いますが、それでも、「できる事ならあげたくない」と思うようでしたら、次に紹介する事を試してみてはいかがでしょう。

Sponsored Link


 

義母にプレゼントをあげずに、穏便に済ます方法とは?

プレゼントはそもそも『物』ではなく、気持ちを『形』にするための手段ですよね。
相手の喜ぶ顔を想像して、相手を想って贈る事に意味があると私は思っています。

心が伴わずに、形だけでも相手が喜べばそれでOKかもしれませんが、やはりプレゼントは母の日に限らず、贈り手の気持ちが現れますのであげるのであれば気持ちよくあげたいですよね。

ただ、母の日は本来プレゼントを贈る日ではなく、日ごろの母の苦労を労り、感謝する日なので、「物」にこだわらない、穏便にすます方法をご紹介しますね。

 

息子である旦那に義母と食事に行ってもらう、丸投げする

これは義母さんにとってはかなり嬉しく、嫁は何もしなくていいので、楽な方法です。

もし、将来、息子にご飯に誘われたら私なら浮足立って新しいお洋服を買っちゃいます(笑)息子にご馳走してもらわなくても、一緒に食事ができる事は母として嬉しい事だと思います。

食事に限らす、夫に丸投げする方法はかなり有効です。夫にも「これからはお互いの母親に、自分でプレゼントを用意したり、食事に連れて行ったりしましょう」と伝えます。

そして義母さんにも、その旨を伝えてもらいます。「これから毎年、母の日は、俺がプレゼントを用意したりするから…」と。

そのあとは、知らんふりして、気にしないようにします(笑)

 

ありがとうだけを伝える

元気で過ごしている事や近況をメールやLINEなどで「いつもありがとうございます」と短い言葉で伝える方法です。

これは、普段なかなか会ってない場合は特に有効だと思います。メールならば文面も自分の都合でゆっくり考えられますしね。

お金もかからないですよね。文面はご主人と一緒に考えてもいいと思います。お子さんがいるのであれば、お子さんの近況写真など添付してもいいですよね。

 

すっとぼけ作戦

こんな事を言うとそもそも悩む必要がないのではないか・・と思うかもしれませんが、
母の日をウッカリ忘れてしまった振りをするのもかなり有効。

実は、私、子どもがまだ赤ちゃんだった頃、あまりにも毎日が慌ただしくて本気で
すっかり忘れていた事があるのです。気づいたのは母の日当日の夜。

ニュースで「母の日が~」と言っているのを聞いてハッとしたのですが、プレゼントも用意していませんでしたし、何より自分自身の余裕がなさ過ぎてそのまま知らなかった振りを突き通してみたのです。

そして、数日後主人から「母の日に何かしたの?」と聞かれ

「え!?母の日っていつだっけ??」とすっとぼけ、その年は何もしないで終わりました。

でも、その翌年、1歳の息子から1輪のカーネーションをもらい(主人の仕込みです)、それがあまりにも嬉しくて、翌年からは主人から義母に贈ってもらう事になったのです。

このすっとぼけ作戦は、毎年使うのは難しいかもしれませんが、とりあえず1年は使えますよね。

 

母の日にこだわらない

これはあげたくても経済的に厳しい時に有効だと思います。知恵袋の中でも「あげたいけど、本当にお金がなくて無理」という意見がありました。

そんな時は「母の日」にこだわらず、年中「お義母さん、いつもありがとうございます。夫婦二人で頑張れるのもお義母さんのおかげです。」と、言葉や態度で伝えておく。

お財布事情が厳しい中、無理して『物』を贈る必要はないと思います。家計が厳しい・・など正直に嫁姑間で話せる間柄なのであれば、特に普段から「感謝」を口に出しているだけで、充分だと思います。

 

まとめ

嫁と姑は昔から消えない永遠のテーマですよね。その中で「母の日」は特に義理とは言え、どんなに憎み合っていても「親」であることを意識する日なのですよね。

でも、義母にとって実の子はご主人ですから、「あげたくない」「あげられない」気持ちを正直にご主人と話し合う事が一番大事だと私は思います。

その話し合いは、「嫌いだから」とか義母へのモヤっとした気持ちはちょっとオブラートに包んで伝えるのがポイント。

どんな義母でもご主人にとっては大切なお母さんなので、そのご主人の気持ちを傷つけないように伝えた方が、ご自身のモヤモヤとした気持ちがよりご主人に伝わると思います。

最後に・・「あげた方がいいかな?」「あげるべき?」と悩むのはとても素敵なお嫁さんだからこそだと私は思います。夫のため、子どものためにと自分の気持ちに蓋をして少しでもお義母さんに「いい嫁」と思われるように頑張っている証拠ですよね。

「あなたが嫌いだから、金輪際何もあげる気はありません!!」と言いきれたらそもそも悩む事もないですものね。

いつかご自身が義母になった時に、お嫁さん、お婿さんにどんな事をしてもらえたら嬉しいかな~と想像してみるのも悩み解消のヒントになるかもしれませんよ。

Sponsored Link


 

★この記事を書いた人:Y★
アドラー心理学のカウンセラーをしている30代のベテラン主婦。子どもは小学生の男の子が二人。
 
 

 


葉酸サプリ10個以上比較してみました★

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ