妊娠

妊娠中期の下腹部のチクチク、ズキズキ、キリキリ…腹痛で心配なのはどんな時?

こんにちは、管理人のイブです。

私が妊娠中期のころ、安定期であるにも関わらず、下腹部に時々チクチクしたり、キリキリとした腹痛を感じることがありました。

お腹の痛みを感じると、何となく不安になってしまいますよね。

でもこの妊娠中期の下腹部痛は、多くの妊婦さんが感じる症状です。

今回はそんな妊娠中期に感じるチクチク・ズキズキ・キリキリとした下腹部痛の原因についてご紹介します。

さらに下腹部痛の中でも、それほど心配がないものと、気を付けたほうがいい深刻な腹痛とがありますので、その目安もご参考にしていただけたらと思います。

Sponsored Link

 

妊娠中期の心配のない下腹部痛には主に2つの原因がある

安定期に感じる下腹部痛。

大体の場合は深刻ではない痛みが多いのですが、その腹痛の原因は大きく分けて2つあります。

それぞれ説明をしていきます。

円靭帯の伸びによるつっぱりやチクチクする痛み

妊娠初期のころは胎児や子宮の大きさにそれほど変化は見られませんが、妊娠15週から25週にかけて、子宮は急激に大きくなります。

安定期と呼ばれる時期で、つわりも終わって、妊娠期間の中でも比較的健康に過ごせる時期ですが、お腹の中の赤ちゃんもすくすく育つ時期ですよね。

その子宮の急激な変化に伴って、円靭帯と呼ばれる靭帯も急激に伸びるようになります。

※円靭帯とは??

子宮は靭帯によって、骨盤の中に固定されています。

重要な靭帯だけでも左右で10本ほどあり、この靭帯がハンモックのような役割をして、子宮や卵巣を骨盤の中でしっかりと固定して、捻じれるのを防いでいます。

そして円靭帯はその中の一つで、左右に一つずつあります。

 

この円靭帯は恥骨や足の付け根のソケイ部を通っていますが、子宮が大きくなるにつれて急激に伸び始めます。

はじめは数センチだった円靭帯も、最終的には30㎝ほどに伸びます。

その痛みは、
「恥骨付近の痛み」
「子宮の前の方の痛み」
「足の付け根のツッパリ感」
「下腹部の張りや痛み」

として現れます。

これらは円靭帯がくっついている恥骨や足の付け根が引っ張られることで起こる痛みだったり、体が動くと子宮が動くので、その動きに円靭帯が刺激されて感じる痛みのことが多いです。

痛む部分としては、子宮全体の痛みではなく、左右どちらかの痛みや交互に痛むことが大半です。

これは動くことにより、左右どちらかの靭帯が引っ張られて痛みがおこるから。

そのため、下腹部や足の付け根の痛みはそれほど心配がいらないことが多いと言われていますよ。

チクチク、ズキズキ下腹部痛の対処法

靭帯の引きつれや引っ張られることによる痛みの対処法は以下の通り。

  • 座ってゆっくり深呼吸をする
  • 痛みを感じるほうのお腹を下にして、横になってしばらく休む
  • 楽な姿勢で過ごす
  • 急に姿勢を変えない
  • お腹をなるべく揺らさない
  • なるべくゆっくり動く
  • 骨盤ベルトで支える

 

急な引っ張りで起こる痛みの場合は、ゆっくり動くことで痛みは軽減されます。

私は楽になるので、よく骨盤ベルトを使っていました!

便秘によるキリキリ、ズキズキした痛み

妊娠中期に感じる下腹部痛の原因のもう一つは、便秘や下痢によるもの。

妊娠中は子宮が大きくなって腸を圧迫して、いつもより動きが鈍くなってしまいます。

消化不良にもつながりますので、便秘のトラブルを抱える妊婦さんも少なくありません。

さらに妊娠中はいきむことができないので、便秘が加速することも。

排便すれば解消されることがほとんどですが、あまりにひどい時は、下痢であっても便秘であっても、産婦人科で相談していただくことをおすすめします。

妊娠中の便秘の対処法

便秘の対処法は以下の通りです。

  • 適度な運動をする
  • 食べ過ぎない
  • 十分な水分をとる
  • 朝一番にコップ1杯の水を飲む
  • トイレに行く習慣をつける
  • 善玉菌を増やす食事を心がける

 

妊娠中期になると、つわりが終わる妊婦さんがほとんどで、嬉しさのあまり食べ過ぎてしまうことも。

食べ過ぎると胃や腸に負担をかけますので、注意が必要です。

トイレに決まった時間に行くと、排便の習慣がつきますので、おすすめですよ。

また、朝一番にコップ一杯の水を飲むと、内臓が動き出すので便も出やすくなります。

Sponsored Link

 

心配のない下腹部痛のまとめ

このように妊娠中期には多くの妊婦さんが、下腹部痛を経験します。

  • しばらくすれば痛みが治まる
  • 短時間で終わる痛み
  • 不規則な痛み

 

これらは靭帯の伸びによるものや便秘が原因で起こる下腹部痛であることが多く、対処法を行えばそれほど心配はありません。

また、寒くなると下腹部痛がひどくなる…という複数の妊婦さんの意見もありますので、寒い時期には、腹巻などをして冷やさないようにしてみてくださいね。

※今回はチクチクした痛み=靭帯の痛み、ズキズキ・キリキリした痛み=便秘の痛みは、私の経験でこの表現を取らせていただいています。人によっては便秘であってもチクチク・しくしく痛むとか、感じ方は異なりますので、ご注意くださいませ。

また、キュー!と締め付けられるような痛みは前駆陣痛の可能性もあります。

これは妊娠後期に出てくる痛みですが、出産に備えるために起こる自然な現象です。

ただ、あまりに頻繁に起こるときには、かかりつけの産婦人科に相談してみましょう。

この下腹部痛はちょっと心配??

ズキズキ・キリキリ・チクチク・キューとする下腹部痛の中でもちょっと注意が必要な痛みもあります。

  • おりものにいつもと違う変化がある
  • 規則正しい痛みが続く
  • 長時間痛む
  • お腹全体が痛む
  • 出血する
  • 胎動が感じられない

 

そのほかにも、足の付け根の痛みであっても、ひどく痛む場合や、同時に下腹部が痛む場合は、靭帯を痛めている可能性もあります。

早産の危険性もあるようなので、たとえ足の付け根であっても、痛みがひどい時には病院を受診したほうがよいでしょう。

規則正しい痛みについてですが、1日のうちに何回痛むか、何時間ごとに痛むか、痛む場所はどこか…など記録しておくと、病院受診の際にスムーズです。

稀に細菌やウィルスに感染することで起こる腹痛もあります。

炎症が子宮に達すると、子宮収縮が起こり、腹痛として症状が現れるそうで、この場合はおりものに変化が出たり、いつもとは違う症状も一緒に現れるそうです

とにかく激しい痛みや出血など、普段とは違う症状が出た時は要注意。

赤ちゃんのためにも、病院を受診してみましょう。

妊娠中期も栄養には要注意!

安定期に入る妊娠中期は、調子が良くなるプレママさんも多いですよね。

ただ、ご紹介したように下腹部痛を感じたときには、無理せず安静にして様子を見てください。

そのほかにも、摂取する栄養に要注意です。

妊娠初期に葉酸を摂取することを知っているプレママさんは多いのですが、妊娠中期から後期まで、そして授乳期にもいつもより沢山の葉酸が必要なことは知られていません。

赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸ですが、妊娠初期で葉酸サプリの摂取を終わらせてしまうママさんが大多数!

葉酸が不足してしまうと、重度の貧血や血管系の疾患の原因になることも。

ただ、困ったことは食べ物から葉酸を摂取しようと思っても、水溶性なので栄養分が逃げてしまうことが多いです。

そのため、なるべく授乳期までしっかり葉酸サプリで補うようにしてくださいね。

葉酸サプリの正しい選び方を以下の記事でご紹介していますので、母子の健康のためにぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
葉酸サプリ10個以上比較してみました★...

まとめ

妊娠中期の下腹部痛は、大半は心配いらないもの…ということが分かると安心しますよね。

妊娠自体が、いつもと違う体の変化がおこることですから、普段感じないような痛みを感じることがあります。

ひどすぎるときは大事をとって、お医者様に相談してみてくださいね。

特に初産の妊婦さんは、判断がつきにくいので要注意。

検診以外で病院に行きにくい時は、病院の受付にまずは電話をしてみてください。

葉酸サプリ10個以上比較してみました★