つわりで休む・早退する・遅刻するのはあり??会社で堂々と休憩を取れる方法とは?

こんにちは、イブです。

つわりの妊婦さんは働くのも一苦労。今まで通りの勤務をこなそうと思っても、体は思うように動かず、さらに気持ちが悪い、吐き気がする、食べ物が食べられない、頭痛がする…などの症状も1ヶ月以上抱えることになります。

そんな状態でお仕事を続けるのは、本当につらいですよね。さらに働く妊婦さんにとって厳しいのは、「職場の理解を得られにくい」ということ。

もちろん、理解ある職場もたくさんありますが、男性中心の職場や、出産経験のない女性の職場で、理解をもらうのは大変です。

そんな、理解が得られにくい職場で働いている妊婦さん向けに、今回は「会社で堂々と休憩を取れる方法」、そして「つわりで休む、早退する、遅刻するのはあり?なし?」をご紹介します。

Sponsored Link

妊娠初期に職場に相談する理由

まずは、妊娠した時に、職場に報告するのはいつがいいのか、についてです。

一般的に妊娠の発表をするのは、安定期に入ってからの方が多いと思いますが、これは妊娠初期ほど不安定な時期で流産のリスクがあるため、リスクが低くなる安定期に報告するんですね。

しかし、職場に対しては、不安定な時期だからこそ、早めに相談する必要が出てきます。例えば切迫流産になったときに、安静にするために休もうと思っても、事前に妊娠を報告していればスムーズですが、報告していない場合は、説明が必要になってきます。

また、初期の不安定な時に仕事で無理をするのは禁物。つわりで辛く、業務に支障がでることもあるので、事前に相談しておく方が、会社にも迷惑が掛かりにくくなるんですね。

もちろん、相談する相手は選ぶ必要があります。周りのみんなに報告するのではなく、お世話になっている直属の上司ですとか、シフトを組むチーフなど、信頼できる方に相談してください。

 

つわりが酷いから相談したけど、理解してくれない!そんな時の対処法


でも、つわりが酷くて休みや早退の相談したのに、職場の理解を得られなかったら困ってしまいますよね。理解を得られなくて、何となく気まずくなって、退職してしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

でも、出産直前まで仕事をしていたいとか、出産後にまた職場復帰したいという妊婦さんにとって、退職は避けたい方法です。そのため、会社の理解を得る&堂々と休める方法をご紹介しておきますね。

 

上司とよく話し合う

つわりのことを上司に相談しても、「ほんとにそんなにつらいの?頑張れば何とかなるんじゃないの?」といった、一見、思いやりのない言葉をかけてくる人もいます。

でもこれって、本当に思いやりがないのでしょうか?そう判断するにはちょっと早い気もするんです。私は「思いやりのない上司」もいると思いますが、「自分がつわりを経験したことがないからわからない」という上司もいると思っています。

特に相手が男性だった場合、生理やつわり、出産なども一生経験することはありません。また、奥さんの女性特有の不調を目の当たりにしていない男性は「つわりの辛さ」や「出産の痛み」や「生理の不調」は全く分からないのです。

そのため、相手がただつわりの辛さが分からないだけの人だったら、むしろ大変なことをわかってもらえる可能性もあります。つわりでどのくらい仕事に支障が出てしまうか、体調によって早退や遅刻が発生しそうなこと、どの程度の業務ならこなせるのか…等々、密に話し合うことによって、相手の理解を得ることができるかもしれません。

一度理解してくれれば、その職場では、次につわりで仕事に支障が出そうな人がいても、周りの理解を得やすくなります。はじめの一人目は大変かと思いますが、上司が「思いやりのないタイプ」か「わからないだけのタイプ」か見極めて、あきらめずに何度か相談をしてみるといいでしょう。相談するときのポイントです。

 

★具体的につわりの症状を伝える

・臭いに敏感になって、たばこの臭いが少しでもすると吐いてしまう

・1日に5回吐いてしまう

・業務中に電話で話をしていると、吐き気がしてトイレに駆け込んでしまう

・5分以上たっていると、めまいがする

・通勤ラッシュでは気持ち悪くて、2駅ごとに降りてしまう

・午前中はめまいと頭痛で動けないが、午後は比較的動けるようになる

などなど、こういったつわりの症状を具体的に伝えます。

気持ち悪さを「二日酔いのような状態がずっとつづいてる」と説明する人もいます。具体的に言うと、相手につわりの状況がつわたりやすくなります。

 

★休み、早退、遅刻の可能性を伝える

頑張ってもつわりの症状によっては、休んでしまうことや早退してしまうこともあります。そのため、事前に職場には、休みなどの可能性があることを伝えておくと、実際に休むときには承諾されやすくなります。例えば

「1時間早めの電車に乗っていますが、すぐに気持ち悪くなるので、2駅ごとに降りてしまいます。すぐに回復できないときは、申し訳ないですが、遅刻してしまうことがあるかもしれません。」

といった感じですね。

 

★つわりと仕事状況を照らし合わせて話し合う

期日のある仕事や、クライアントさんとのアポイントがある仕事を担当していると、急に休むことが難しくなります。妊娠中は何があるかわかりませんし、つわりが酷い妊婦さんは、話し合ってこれらの重要なポストを外してもらうのも手です。会社側としても、いつ休まれるかわからない状態の方に重要な仕事を任せるのは不利益になる場合もありますので、回避できる方法を話し合った方が得策です。つわりで急に休んでしまっても、影響の出にくい配置換えしてもらうなど、交渉してみてください。

 

★会社側との摺り寄せあいが大切

会社も営利目的ですし、妊婦さんにもお給料を払っていますから、「どのように働いてほしいか」」という希望があります。その会社側の希望と、妊婦さん本人の状況を照らし合わせて、今後業務内容をどうするのか、決めていく必要があります。「つわりがつらい時は休ませてほしい。こういう業務はできない。」と一方的に希望を押し通そうとしても、難しい場合があります。お互いの妥協点を話し合いの中で見つけていけるといいですよね。

 

Sponsored Link

堂々と休憩もとれる!母性健康管理指導事項連絡カード!

「全く職場の理解が得られない、休みにくい…でも仕事はまだ辞めたくない…」そういった場合もありますよね。辞めたくないのに、遠回しに「退職」をすすめられた…という事例もありました。そんなときは母性健康管理指導事項連絡カードを産婦人科の主治医にかいてもらう方法がおすすめ。

これは病院の診断書と同等の効力を持つカードで、主治医から事業主(会社)に対して、妊婦さんの指導事項を適切に伝達するための証明書です。

妊婦さんが健康診査の結果などで、通勤の緩和や勤務時間の短縮を必要と診断されたときにかいてもらえますが、会社側はこのカードの指導事項に基づいて、通勤緩和や勤務時間短縮の対応をする必要があります。

つまりこのカードがあれば、つわりが酷いから休憩時間を増やす…といったことができるようになるんですね。

会社側に提出する流れですが、

 

産婦人科を受診する



母性健康管理指導事項連絡カードを主治医にかいてもらう

母性健康管理指導事項連絡カードを会社に提出する



会社側に指導事項に基づいた措置をしてもらう

このようになっています。

各自治体によって違いがありますが、母性健康管理指導事項連絡カードは母子手帳に添付されている地域もあります。もし添付されてないときは、こちらからダウンロードできます↓

http://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/download/

この母性健康管理指導事項連絡カードの良さは、医者の妊婦さんへの指示内容に対して会社側が 適切な対応をしなければならない…ということです。

指導内容には休憩時間を増やしたり、時間を延長したりという内容のものもあります。中には、休みを取ることが適切…と判断される場合もありますので、まずは主治医に相談をすることをおすすめいたします。

こちらのカードを提出すれば、文字通り堂々と休憩も取れます。会社側にはこの母性健康管理指導事項連絡カードを提出して、直属の上司などには話し合いをしておくことで、大きなトラブルにならずに、つわりの期間中も働くことができるようになるでしょう。

 

 

つわりで休む、早退、遅刻はあり??


さてつわりが酷い妊婦さんでも、時間短縮や休憩を取れるようになる、母性健康管理指導事項連絡カードというアイテムを紹介しました。一見すると、このカードがあれば堂々と休ませてもらうこともできるようになりますね。

しかし、現場レベルで見ると、「つわりで会社を休む」「休憩時間を多くとる」ということに対して、あまりよく思わない人たちもいます。

白い目で見られる」「イヤミを言われる」「休みずらい」といった状況になりがちに。たとえこのカードのお陰で堂々と遅刻したり休みを取ったりできる状況になっても、そういった周りとの確執も気になるところですよね。

妊婦さんが休みが増えたり、勤務時間が短縮されることで、確かに周りがフォローする必要が出てきます。でも私はそれでも「妊婦さんはつわりがきつかったら、休んでもいい」と個人的には思っています。

休みやすいor休みにくいかは職場の雰囲気によって変わってきますが、どうか妊婦さんはご自分と赤ちゃんの体を一番に考えてほしいと思います。

周りに気を使い過ぎて無理をして切迫流産になったりしたら大変です。(管理人のことです(;´・ω・))無理をして、結局迷惑がかかってしまうこともあるので、気まずさがあったとしても、体を一番に考えてほしいんですね。

 

そして個人的な意見になりますが、どの職場でも「つわりの妊婦さんも働きやすい環境」であってほしいと思っています。女性が働くことが当たり前の世の中になってきているのに、妊娠した女性が働ける職場環境は整っていないという会社はたくさんあります。もちろん、今回ご紹介したような母性健康管理指導事項連絡カードは有効なのですが、結局現場では、妊婦さんの業務のフォローを周りがしなければならない…という事態になることも。そうなると妊婦さん本人も気まずいですよね。

でも世の中がそんな風潮で、そんな会社があること自体が、怖い気がするんですね。「お互い様だからと、フォローしあえる職場環境」「妊婦さんがいても、柔軟に対応できる会社」そんな環境が整ってほしいんです。

理想論かもしれませんが、妊婦さん個人が「休みたいけど休めない」「休んだら気まずい…」そんな思いを抱えずに働けるようになってほしいと、そう思うのです。

今回ご紹介した母性健康管理指導事項連絡カードを利用しなくても、妊婦さんが働きやすい環境が広がってほしい…そんな風に管理人は願っています。

 
 

 


葉酸サプリ10個以上比較してみました★

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ