つわり

つわりの時に気持ち悪くなる食べ物とは?つわりはこうして乗り切ったアイデア14選

こんにちは、イブです。

気持ち悪い、吐き気がする…といった辛いつわりの症状を抱えている妊婦さんが多いと思います。今回は食べ物と生活面からつわりを乗り切るアイデアをご紹介します。

また、 「これを食べたら気持ち悪くなった…!」という意見の多い食べ物もご紹介しますので、食べるときの参考にしてください。

Sponsored Link

つわり中の食べ方・料理のアイデア

冷やして食べる

温かい食べ物だと、匂いをより感じるので、冷やしたり冷ますと食べやすくなります。妊婦さんの中では、冷えたコンビニおにぎりは食べられた…という方も多いですね。よく噛んで食べれば、体も冷やさないので、試してみてください。

 

ショウガ、レモンで味付ける

しょうがは食べ物の消化を助け、そして体を温めてくれます。レモンは口の中がすっきりするので、食べやすいという妊婦さんが多い食材。葉酸も多く含まれているのでおすすめです。おかずにかけると、食べやすくなりますよ。

 

さっぱり・淡白なものを選ぶ

豆腐や麺類など、のど越しがよくてしかも淡白な味わいのものも食べやすい、という妊婦さんが多いです。麺類もラーメンとかではなく、そばやうどんなどさっぱり和風がいいですね。

 

ビタミンB6の多く含まれる食べ物を食べる

ビタミンB6は吐き気を軽減するのに有効だと言われています。そのためビタミンB6が多く含まれる食べ物を食べるのも一つの手です。ビタミンB6が多く含まれる食べ物は、バナナや乾燥プルーンなど。葉酸サプリにもビタミンB6を含んでいるものが多いので、選ぶ時の参考にしてみてください。

★関連記事★

葉酸サプリ10個以上を比較してみた!正しく選ぶ時の7つのポイント

 

夫の食事は出来合いの物で済ませる

つわりがひどいと、家族の食事を作るときの匂いもだめ…!!という妊婦さんも。まただるさがひどいつわりの時は、キッチンに立つこともできませんよね。そんな時は思い切って出来合いの物で済ませてしまいましょう。家族の栄養が…!と気になるかもしれませんが、つわりは一時のことなので、よくなればまた料理ができるようになります。無理をせずに家族にも協力してもらいましょう。

 

夫に食事を作ってもらう

食事を作ってもらうとしても、本当に簡単なものです。たとえば、コロッケはお惣菜で買ってきてもらって、キャベツだけ切って添えてもらうとか。カット野菜を買ってきてもらって、水・スープの素で煮込んでもらった野菜スープを作ってもらうとか。それも無理そうなら、スーパーのお総菜コーナーに、アルミ鍋に入った「お鍋セット」があります。野菜や魚がすでに入っているので、ほんとに煮るだけ。こういったちょっとでもキッチンに立ってもらって協力してもらうのも、いいかもしれませんね。

 

アメやガム、飲み物を寝室に

空腹になると、吐き気を感じる方が多いので、口にすぐ入れられる小さいお菓子を用意しておくのもおすすめです。特に起きた直後に気持ち悪い人も多いので、寝室にお水や小さいお菓子を置いておくと起き抜けにすぐ食べられるので、気持ち悪さが軽減できます。

 

Sponsored Link

 

こんな食べ物には気を付けて!気持ち悪くなったという食べ物

逆に、食べると気持ち悪くなった…という意見の多い食べ物もご紹介しておきますね。もし、食べるときは少しずつ、様子を見ながら試してみてください。

 

にんにく

にんにくは臭いがキツイものの代表で、つわりの時にももれなく、気持ち悪くなる方も多いそうです。ニンニクは食べた後も口にニンニクの臭いが残るので、さらに気持ち悪さは倍増(-_-;)つわり中は避けたほうが無難ですね。

 

コーヒー

コーヒー好きな人も、つわり中は舌に残る苦さが苦手になる方も。コーヒーはカフェインが含まれていますので、妊娠中は飲まないほうがいい飲み物。苦手になるのは、むしろ自然なことかもしれません。

 

お肉

お肉類は油が多く、消化しにくいので胃や腸に負担をかけます。すっごく食べたくなって食べても、そのあと吐いてしまうという妊婦さんも…。どうしても食べたくなったら、鳥のささみにするとか、ひき肉を使うとか、なるべく胃の負担が少ないお肉を選ぶといいかもしれません。

 

ネギや玉ねぎ

ニンニクと同じく、臭いがきつめのネギや玉ねぎも吐き気を催すことも。特に生の状態だと臭いがきつくなるので、食べるときは野菜スープにするとか、加熱したほうがおすすめですね。

 

お刺身

妊娠前は大丈夫だったのに、お刺身が生臭くて食べられなくなった~!!という妊婦さんも。また人によっては焼き魚も焼いたときの臭いがダメになったりするので、つわり中は避けたほうがいいかもしれません。

 

ごはん

つわり中にダメになった!という食べ物で常に上位に入る「ごはん」特にホカホカの湯気が立つようなご飯がダメになる方が多いですね。逆に冷えたご飯や玄米は大丈夫という人も。

 

つわり中の生活面でのアイデア

マスクをする

つわり中は「匂いに敏感になった!」という妊婦さんが多いですね。特に食べ物の匂いが気持ち悪いと感じるので、マスクは必須。仕事をしている妊婦さんは電車の中や職場の匂い、たばこのにおいなどがきついと思いますので、マスクは常備しておくといいでしょう。

 

アロマの匂いを嗅ぐ

マスクと合わせて使いたいのはアロマオイル。アロマオイルの匂いを嗅ぐとリラックスできるので、自分の好きな臭いをガーゼにしみこませて、マスクの間に挟むとか、ハンカチにしみこませて辛い時に嗅いでみるとか、そういった使い方をすると、つわりの時のお助けアイテムになります。万人受けする臭いは、オレンジ、レモンの香りなど。アロマオイルの店だと匂いをかがせてもらえるので、ご自分に合ったアロマオイルを探してみてください。ただ、妊娠中にNGなアロマオイルもあるので、購入するお店で、確認してみてくださいね。

 

リストバンド

乗り物酔い防止のリストバンド(シーバンド)も吐き気を軽減するという話が!詳しくはこちらの記事に載っています。(つわりが一気に楽になる?吐き気を軽くする栄養素って?食べつわり対策も紹介
「内関」というツボを刺激するのがいいみたいで、気持ち悪さはあるけど、吐かずに済んだ!という妊婦さんもいました。

 

頭を冷やす

これはつわりの症状で頭痛がある妊婦さん向けですが、頭を保冷剤で冷やす方法がおすすめ。冷やすことで頭痛も少し和らぐそうです。

 

疲れたら休む

つわり中はとにかく疲れたら休むことを心がけるといいです。仕事をしている妊婦さんでつわりがつらい方は、ぎりぎりまで寝ているといいでしょう。

 

テレビやスマホの見すぎに注意

ついつい見てしまうテレビやスマホですが、ブルーライトを常に発していて、その光が自律神経を乱すという説もあります。目も疲れますし、それが原因で頭痛が起ることも。ゆっくり休む意味でも、テレビやスマホはお休みするほうがよさそうです。

 

服装はゆったりめで

スーツで出勤する妊婦さんは要注意ですが、ぴったりした服装だと胃を圧迫して吐き気を催すこともすあります。
特にウエストのキツイパンツやスカートは避けて、ワンサイズ上の制服やスーツを着用するとよいでしょう。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は、つわりがひどくなったという食べ物と、つわりを乗り切る食べ方や生活面でのアイデアをご紹介しました。

お仕事をしている方は、つわりの時期は特に大変ですよね。先輩ママさんたちのアイデアを参考に上手少しでも楽になる方法を試していただけたらと思います。

 

 

当サイト注目記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です